Frentopia公式ブログ

ワイルド・スピード ICE BREAK感想。ピッコロさんとベジータさんと悟空さの友情物語。はっはっは、主人公は遅れてくるものなのだよ【映画】

映画・マンガ・ドラマ, 趣味, 雑談 | 2018年2月16日 | タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

ロシアアイスブレーク
「映画・マンガ・ドラマ記事一覧リンク集」へ戻る
 
映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」を観た。
 
〜〜〜〜〜
 
「ワイルド・スピード ICE BREAK」(2017年)
 
レティと結婚したドミニク(ドム)は、ハネムーン先のキューバで休暇を楽しんでいた。
 
ある日、外出中のドムの前にサイファーと名乗る女性が現れ、自分の部下になるように迫る。
最初は申し出を拒否したドムだが、スマートフォンに写った写真を見せられ表情が一変する。
 
 
一方、娘のサッカーチームで監督をしていたホブスは、外交保安部から武器商人に奪われた「電磁パルス砲(EMP)」を取り戻す任務を依頼される。
 
 
任務遂行のため、再び結集したドム率いる「ファミリー」。
参謀役のミスター・ノーバディの指示のもと、各々の役割をこなしていく。
 
ベルリンのアジトに乗り込んだ彼らは作戦を無事に成功させるが、リーダーのドムが突如逃走。手に入れた「EMP」を持ち去ってしまう。
 
消えたドムの行方を追うファミリーは、次第にサイバーテロリストのサイファーの暗躍に気づき始める。
 
 
果たしてドムは本当にファミリーを裏切ったのか。
疑心暗鬼になりながらドムを追いかけるレティたちと、仲間との絆に苦しみながらもサイファーの指令を遂行するドム。
 
そして、彼らは最後の戦いの舞台となるロシアのウラドビンに降り立つ。
 
〜〜〜〜〜


 

「ワイルド・スピード ICE BREAK」をやっと観ました。最終章と言いつつ、続ける気満々なのにワロいましたww

前々から「観なければ」と思っていた「ワイルド・スピード ICE BREAK」をようやく観た。
 
 
聞くところによると、どうやら「ワイルド・スピード」シリーズは最終章に入ったとのこと。今回の8作目は、最終章3部作の1作目にあたるという。
 
ってオイww
「最終章」と言いつつ、まだまだ続くじゃねえか!!
 
しかも、その前にスピンオフ版が入るとか。
 
いやいやww
これからも「ワイルド・スピード」でガッツリ稼ぐ気満々というね。
 
「ワイルド・スピード/スーパーコンボ感想。家族愛に溢れたピッコロとベジータがひたすら壊しまくる。ラグビーW杯リスペクトのローテク」
 
さすがというか、商魂たくましいというか。
ポール・ウォーカーが亡くなってパワーダウンするどころか、それすらも糧にして突き進む姿勢には心底頭が下がる。
 
やはり、金のなる木には人が群がりますよね。
もちろんいい意味で。
 

8作目にしてこの安定感とパワーは普通にすごい。やっぱり「ワイルド・スピード」は偉大です


話が少し逸れたが、映画を観た感想を。
 
「ワイルド・スピードはやっぱりワイルド・スピードですよ」
ひと言で言うと、こんな感じである。
 
今作にもいろいろと賛否両論あるようだが、個人的にはよかった。
安定のおもしろさというか、どこかのレビューでも「シリーズ8作目にしてこの熱量はすごい」と書いてあって、本当にその通りだと思う。
 
往々にしてシリーズ物は3、4作ほどで完結したり、「○○年ぶりのシリーズ最新作!!」と称してまったく別物が登場したりと、いつの間にか路線変更しているケースが多い。
 
代表的なところでは「ロッキー」や「ターミネーター」、「ジュラシック・パーク」シリーズ。
その他「エイリアン」や「チャイルドプレイ」「ホームアローン」「猿の惑星」シリーズなどは、初期作とは完全に別路線を歩んでいる。
 
そんな中、この「ワイルド・スピード」シリーズは2001年の1作目から2017年の8作目までの16年間、主人公の交代もなくほぼ2年に1回のペースで新作を発表し続けている。
 
2006年の3作目「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」で若干やらかしたものの、2009年の4作目ではしっかりと軌道修正。
 
この安定感と熱量、作品に対するパワーはすばらしいとしか言いようがない。
 

どんどんドラゴンボール化していく「ワイルド・スピード」シリーズ。ハリウッドのドラゴンボール好き過ぎ問題たまらんねww

前回の「ワイルド・スピード SKY MISSION」の感想記事でも申し上げたのだが、今シリーズは2011年の「MEGA MAX」あたりからどんどんドラゴンボール化が進んでいる。
 
「ワイルド・スピード SKY MISSIONなんじゃこりゃww ワイルド・スピードのドラゴンボール化が止まらない」
 
かつてのライバルが結集し、さらなる強敵に立ち向かう。
命を賭けたどつき合いのあとに友情が芽生え、戦いを通して絆が深まる。
 
これは間違いなくドラゴンボールの手法であり、少年ジャンプにおけるバトル漫画の王道パターンでもある。
 
 
また、バトルの部分でもドラゴンボールの流れは大いに踏襲されている。
 
もともとはストリートを走り回るカーアクションだったはずが、いつの間にかサイバーテロ組織や軍隊との近代兵器のバトルに発展。
 
前作ではついに空を飛んだり断崖絶壁にダイブしたり。
もはや車の限界値を大幅に逸脱したエスカレートぶりである。
 
さらに、ラストバトルではひび割れた地面を足でドン!!
大きく陥没した穴にラスボスが落下するという結末。
戦闘力のインフレもシャレになっていないww
 
 
「アバター」のジェームズ・キャメロンもそうだが、ハリウッドでのドラゴンボール人気はマジで凄まじい(僕が言ってるだけ)。
 
「映画「アバター」感想。どう見ても鳥山明に影響されとる。宮崎駿よりも鳥山明成分が強い」
 

ピッコロさんとベジータさんにフリーザ様。遅れてくるヒーロー孫悟空。清々しいほどの踏襲です

そして今回の「ワイルド・スピード ICE BREAK」では、作品の加速度的なドラゴンボール化が見られる。
 
前作のラスボスであるデッカード・ショウがファミリー入りを果たし、MVP級の活躍をするのが今作の見どころなわけだが、これはもはやドラゴンボールそのものと言っても過言ではない。
 
だってそうでしょ。
デッカード・ショウの立ち位置って、どう見てもベジータじゃないっすか。
で、ファミリーのリーダー格であるホブスと対立しつつも協力関係を築くヤツ、完全にピッコロさんとベジータさんの関係っすよね。
 
「映画「ランペイジ 巨獣大乱闘」感想。デカさとはロマンであり正義。デカければたいていのことが許される」
 
しかも、ラスボスのサイファー姐さんときたら……。
やたらと哲学的だったり、全知全能感を押し付けてきたり。余裕がなくなると言葉遣いが乱暴になるところも含めて、フリーザ様がモデルだとしか思えないww
 
本当は「やってくれましたね皆さん」とか言わせたかったんじゃないの?
自制するのが大変だったんだろ?
わかってんだよww
 
とどめは、主人公ドムの遅れてきたヒーローっぷり。
本当にドムはファミリーを裏切ったのか、抜き差しならない何かの事情があるのか。
レティたちが疑念を抱きながらラストバトルに挑む中、ファミリー最大のピンチに駆けつける主人公。
 
このギリギリ感は、まさしく悟空そのものである。
 
そうそう。
遅れてきてこその悟空。
視聴者をやきもきさせてこその悟空。
それまでの苦労を無効化するくらい無双してこその悟空。
 
「おとうさんを…いじめるな―――――!!!!!」
マジでお父さんになってたからビビるよね。
 
「映画「レオン」感想。「同情も金も要らんから愛をくれ」。マチルダとかいう家なき子が世間知らずの掃除屋さんに求愛」
 

次回作以降はどうするのか。サイファー姐さんはファミリー入り? それとも弱体化して退場? 次のラスボスは相当ムズいよね

上記を踏まえると、3部作の残り2作品はどんな流れになるのだろうか。
 
特にフリーザ様役のサイファー姐さんの扱いをどうするかは結構重要な気がする。
 
デッカード・ショウのように、仲間を殺された恨みをなかったことにしてファミリー入りするのか。もしくは突然弱体化して、トランクス的な誰かに路地裏で殺されるのか。
 
そもそも、三顧の礼で迎え入れたシャーリーズ・セロンをどの程度雑に扱っていいものか。いろいろな事情を鑑みると、まだまだ敵役として活躍してもらう方が正解なのか。
 
ただ、このシリーズをきっかけに痩身の肉体派女優としてアンジェリーナ・ジョリーの後釜に座ったガル・ガドットのように、シャーリーズ・セロンも「ターミネーター」のリンダ・ハミルトンになれる可能性もある。
 
あっさり退場するパターンも、意外と悪くないのかもしれない。
 
てかアレか。
シャーリーズ・セロンは、そこまで前のめりになるほど逼迫してないか。
 
また、あれだけ全知全能感を持ったフリーザ的なキャラのあとで、いったいどんなラスボスを用意するのか。
さすがにドムとブライアン、ホブスやデッカードあたりの細胞をいいとこどりした人造人間を登場させて「完全体だぜ」とイキるのは無理があると思うが……。
 
「「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」が楽しみでしかない件w ピッコロとベジータの共闘なんて、俺たちが夢見たスピンオフだろ?」
 
なお、2019年に公開予定のスピンオフ作品は、どうやらホブスとデッカードに焦点を当てたものになるという。
 
おおう、マジか……。
たまりませんなそれはww
 
ピッコロさんとベジータさんのスピンオフなんて、真のドラゴンボールハァン()である僕が一番観たかったヤツじゃねえかww
 
くっそww
わかってやがるな「ワイルド・スピード」シリーズ。
 
実写版のドラゴンボールでは壮大にズッコケたけど。

 

すべての疑問は「ワイルド・スピードだから」で解決する。不満分子は淘汰される過酷な世界

ちなみにだが、今作では一流サイバーテロリストであるサイファーが、ハッキングした1000台以上の車を無人のまま走らせるシーンが序盤のメインとして描かれている。
 
これ、さすがに「やり過ぎだろ」と思った方も多いのではないだろうか。
実を言うと、僕自身も「おいおい」と思いながら観ていた側の人間である。
 
だが、高層駐車場から車の雨が降った瞬間、すべての疑問は氷解した。
 
なぜなら、これは「ワイルド・スピードだから」
 
「トム・クルーズは強化版キムタクだった?「ザ・エージェント」でキラキラが止まらないトム様の魅力を堪能するがいい」
 
荒唐無稽な設定も、理解不能な演出も、過去の恨みを忘れる都合のよさも。
すべては「ワイルド・スピードだから」で解決する。
 
「『神の目』って何だっけ?」
「デッカード・ショウの母親だ?」
「しれっとファミリー入りしてるけど、ミスター・ノーバディって誰?」
「前作を観てなきゃわからないじゃねえか」
そんな野暮な疑問も「ワイルド・スピードだから」問題なし!!
 
もしそれに不満を感じるのであれば、あなたは「ワイルド・スピード」シリーズを観るべきではない。
 
つまり、制作側のプロレス的な力技にノレる人間だけが生き残る映画。
数々の淘汰を乗り越え、屍の山を踏み越えた人間だけに許される映画。
「ワイルド・スピード」とは、そういう過酷な世界なのであるww
 
「映画・マンガ・ドラマ記事一覧リンク集」へ戻る
 

 



 

自費出版 ブログランキングへ

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Amazonでも販売中です!!


上へ