Frentopia公式ブログ

ウォーリントン圧勝! フランプトンを終始コントロールして初防衛成功。うん、思った以上にウォーリントンがすごかった【結果・感想】

ボクシング観戦, 趣味, 雑談 | 2018年12月24日 | タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

マンチェスターイメージ
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 
2018年12月22日(日本時間23日)、英・マンチェスターで行われたIBF世界フェザー級タイトルマッチ。同級王者ジョシュ・ウォーリントンがWBO同級暫定王者カール・フランプトンと対戦し、3-0(116-113、116-112、116-112)の判定で勝利。初防衛に成功した試合である。
 
 
序盤から絶えず左右に動き、積極的に接近戦を仕掛けるウォーリントン。
対するフランプトンも得意のカウンターで迎撃するが、ウォーリントンの圧力を防ぎきれない。至近距離での打ち合いに巻き込まれ、そのつど上をいかれる苦しい展開。
 
豊富なスタミナを誇るウォーリントンは中盤以降も動きが落ちず、各ラウンドで常にフランプトンを上回る。
 
フランプトンも終盤やや盛り返したものの、最後までペースダウンすることなく走り抜けたウォーリントンを捉えられず。0-3の判定で完敗を喫した。
 
 
また、この試合に勝利したIBF王者ジョシュ・ウォーリントンは、2019年にWBO王者オスカル・バルデスとの統一戦が期待されている。
 
「リゴンドー復帰戦勝利!! ジョバンニ・デルガドを圧倒して1RKO。コイツいつも復帰してんな」
 

ウォーリントン圧勝!! ここまでフランプトンをコントロールするとはね

僕が以前から楽しみにしていた一戦、ジョシュ・ウォーリントンvsカール・フランプトンのタイトルマッチが終了した。
 
結果は3-0の判定でウォーリントンの勝利。
試合を観た率直な感想としては「ウォーリントンの圧勝だったな」と。
 
ジャッジ1人が3ポイント、残り2人が4ポイントをつけたわけだが、僕の印象ではそれ以上。
終始ウォーリントンがペースを支配し、フランプトンをコントロールし続けた試合だった。
 
まず今回の試合、勝負を分けそうなのはウォーリントンがどれだけ至近距離で打ち合うシーンを作れるか。
 
予想記事でも申し上げたように、ウォーリントンがフランプトンのカウンターをかいくぐって距離を詰められるか。また、フランプトンがウォーリントンの出足を止めて、遠い位置で釘付けにできるか。
 
最大の注目点はそこだと思っていた。
 
「ウォーリントンvsフランプトンは大接戦になりそうだよな。もっと注目されていい試合」
 
そして、結果はウォーリントンの圧勝。
 
フランプトンの左をあっさりとかいくぐり、接近戦で圧倒し続けるウォーリントン。
時おりフランプトンのボディやフックを被弾するシーンも見られたが、全体を通して見れば問題なし。ほぼほぼウォーリントン陣営の作戦通りの展開になったのではないか。
 
「伊藤雅雪完勝。シュプラコフが想像以上に想定内だったな。工夫は見られたけど、全局面でスペックが物足りず」
 

至近距離での打ち合いでフランプトンのカウンターを封じたウォーリントン。ペース配分も完璧だったな


いやしかし。
今回のウォーリントンはホントにすごかった。
 
左右に動きながらフランプトンの正面を外し、踏み込みのタイミングを測る。
1発目のリードを見せてフランプトンのカウンターを誘い、戻り際に一気に距離を詰める。
そして、回転力を活かした至近距離での打ち合いに巻き込む。
 
このパターンで、フランプトンのカウンターとボディを見事に封じ込めて見せた。
 
「ドグボエ完敗。新王者ナバレッテが天笠尚に見えたな。そして、長谷川穂積とかいうドグボエ大好きおじさん」
 
しかも、ペース配分もすばらしい。
序盤3Rをフルスロットルで攻め、MAXパワーをフランプトンに見せつけておく。
4、5Rは足を使ってややペースダウンするのだが、その前のラウンドでラッシュを浴びたせいか、フランプトンは思い切って前に出られない。
 
そして、6Rからは再びペースを上げて至近距離での打ち合い。
何となくだが、2R動いて2R休むを繰り返していた感じか。
また、ラウンド序盤は流して後半からペースを上げたりと、ジャッジに優位を印象付ける努力も忘れない。
 
フランプトン封じと絶妙なペース配分により、結局ウォーリントンの動きは12R終了のゴングが鳴るまで落ちることはなかった。
 
「ジョシュ・ウォーリントンがキッド・ガラハドに完勝で2度目の防衛。英国強者対決ばっかですげえな。ガラハドはブルックには見えなかった」
 

距離を詰めるまでの動きがお見事。フランプトンの弱点と自分の長所を目いっぱい発揮した

繰り返しになるが、今回のウォーリントンはマジですごかった。
前回のリー・セルビー戦もよかったが、今回はそれ以上。
 
割とガチで、これなら下がりながらカウンターを狙う相手に負けることはまずないのではないか。この勢いでオスカル・バルデスにも勝っちゃうかも?
 
などと妄想したくなるくらい、この2戦のジョシュ・ウォーリントンはいい動きをしていた(と思う)。
 
特に距離を詰めるまでの動きはマジですごい。
1発目の左を見せてフランプトンに手を出させ、戻り際に大股でガガガッと近づく。
 
あくまで最初の左は見せパンチで、ダメージを与えるためのものではない。
打ち終わりに腕をサッと戻し、フランプトンのカウンターを確実にガード。
 
そしてそのまま前進し、フランプトンがまっすぐ下がったところにハイスピードの連打を浴びせる。
 
「グヴォジクがスティーブンソンをKO! うわぁ…、とんでもないもん観たわ。世代交代の大激戦だったな」
 
フランプトンが接近戦が得意でないことは、スコット・クイッグやレオ・サンタ・クルスが教えてくれた。
だが、彼らには一気に距離をゼロにするほどの足はなく、そのつどカウンターで出足を止められてしまった。
 
また、今年4月にフランプトンとWBOタイトルを争ったノニト・ドネアは、もともとジャブが少なく前後の動きも小さい。
結果、中間距離でフランプトンにコントロールされて終わるという最悪の展開で負けている。
 
それらを踏まえた上で、自分の長所を目いっぱい発揮したウォーリントン。
ちょっとお見事過ぎたというか、僕はこの試合に軽く感動しているのだがww
 

ウォーリントンvsオスカル・バルデスだと!? 展開がまったくわからん。楽しみ過ぎてヤバいわww


なお、この結果によって、WBO王者のオスカル・バルデスとIBF王者ウォーリントとの統一戦が実現すると考えてよろしいのだろうか。
 
今回の試合を観る限り、何となくの予想ではウォーリントンの勝利。
ただ、バルデスのあのフルスイングを考えると、ウォーリントンがこの2戦のような動きができるかは疑問。
 
もしかしたら、スコット・クイッグのようにうまく距離を詰められずにジリ貧になるかも?
 
うん、わからん。
全然わからん。
 
そして、エグいくらいにテンションが上がるww
これまためちゃくちゃヤベえマッチメークである(僕の中では)。
 
「田中恒成指名試合するってよ。ジョナサン・ゴンサレスと8月24日に名古屋で。vsサウスポーの対応に注目してマス」
 
もうアレだ。
絶対に実現しやがれ。
 
「できればフランプトンに勝ってもらいたい」「フランプトンvsバルデスの方が予想がつかなくておもしろそう」などとほざいたことを高速で謝罪してやっから(ん?)
 
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 

 

 

 

 

 

 
 

自費出版 ブログランキングへ
 
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Amazonでも販売中です!!


上へ