Frentopia公式ブログ

SDL Number Verifierの使い方。プラグインを試してみる【SDL Trados Studio 2014】

Trados, 便利道具 | 2015年5月30日 | タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

PCイメージ
お世話になっております。個人出版支援のFrentopiaです。

本日はSDL Trados Studio 2014のプラグイン「SDL Number Verifier」を試しに使ってみましたので、その結果をご報告したいと思います。
かなり大雑把に試したので詳細をお知らせすることはできていませんが、翻訳のジャンルによっては役に立ちそうなプラグインではないかと思いました。

「SDL Number Verifier」
細かい数字の検証を制御することができるプラグイン。
数字の打ち間違いや過不足などのエラーをすばやく検証できる。また、設定を変更することで「エラー」「警告」など、発生するアラートのレベルを変えることも可能。

翻訳中のケアレスミスを軽減するのに役立つプラグインの一つと言えるのではないでしょうか。

「SDL Trados Studio 2014の検索置換で正規表現」

検証環境
・Windows 7
・SDL Trados Studio 2014

ダウンロードからインストール

では「SDL Number Verifier」を実際に使用していきたいと思います。

まずはプラグインページにアクセスして、インストーラーをダウンロードします。アプリケーションのダウンロードにはログインが必要ですので、あらかじめSDLのアカウントでログインしておきましょう。
SDL Number Verifierダウンロード

インストーラーをダウンロードしたら、ダブルクリックで起動します。
SDL Number Verifier インストーラー

インストーラーが起動しますので、「Install」をクリックします。
SDL Number Verifier インストール

画面の指示に従って進めていくと、問題なくインストールが完了します。
SDL Number Verifier インストール済み

インストールが完了しました。

SDL Number Verifierの検証準備


インストールが完了したので、SDL Number Verifierの検証準備をしていきます。
SDL Trados Studio 2014を起動して、「プロジェクトの設定」からツリーメニュー「検証」を展開し、「Number Verifier Setting」画面を開きます。
SDL Number Verifier 環境設定
この画面で「Number Verifier」の設定を変更できます。
なお、今回は特に設定を変えずに初期設定のままで作業しています。


検証用に適当なダミーテキストを用意しました。文中にランダムで数字を挿入しています。
SDL Number Verifier ダミーテキスト
このWordファイルで原文言語「日本語」、訳文言語「英語」のプロジェクトを作成しました。

実際にSDL Number Verifierを使用してみる

検証用プロジェクトの準備ができましたので、実際に「SDL Number Verifier」を使用していきます。

まず、原文にある数字を変更して訳文エリアに入力した場合です。
SDL Number Verifier数字変更
「878.09」→「878.19」(数字変更)
「898,321」→「898,32」(数字削除)
「897、123」→「897,123」(「、」を「,」カンマに変更)
「221089 332」→「221098,332」(半角スペースを「,」カンマに変更)
「606,332」→「6 06,332」(6と0の間に半角スペース挿入)


以上の変更を加えて訳文を「確定」してみましたが、エラーが出ています。入力ミスとして認識されているようです。

さらに「3月25日」→「3月26日」と、前後は代えずに数字のみを変更してみました。
SDL Number Verifier 数字変更
ばっちりエラーが出ています。

「3月25日」→「3gate2niti日」と、数字はそのままで前後に変更を加えてみました。
SDL Number Verifier OK
こちらはOKです。数字が変わっていなければ検証に引っかかることはないようです。

次は「3月25日」→「March 25」と、普通に英語翻訳した場合を試してみます。
SDL Number Verifier 数字削除
こちらはエラーではなく警告が出ました。原文にあった数字が訳文で削除されてしまったためだと思われます。

「3月25日」→「3, 25
「3」と「25」の間に「,」+半角スペースを挿入してみます。
SDL Number Verifier カンマスペースあり
こちらはOKでした。

「3月25日」→「3,25
「3」と「25」の間の半角スペースを削除してみました。
SDL Number Verifier カンマスペースなし
エラーが出ました。
どうやら「,」だけだと、3と25がつながっていると判断されるようです。

「RPG55305」→「RPG 55305
「RPG」と「55305」の間に半角スペースを挿入しました。
SDL Number Verifier スペース
エラーです。つながっていたものが別の分節に分かれたことでエラーが発生したものと思われます。

「RPG55305」→「RPG55,305
3桁区切りの「,」カンマを挿入しました。
SDL Number Verifier カンマ
こちらもエラーです。「,」カンマを入れるだけで別物と判断されてしまうようです。

「RPG55305」→「RPG55305」
「RPG」を全角で打ってみました。
SDL Number Verifier アルファベット全角
予想通りですが、これもエラーです。

「RPG55305」→「55305
「RPG」自体を削除してみました。
SDL Number Verifier アルファベット削除
やっぱりエラーです。

「RPG55305」→「RPG55305
数字を全角で打ち直してみました。
SDL Number Verifier 全角
これも予想通りエラーです。
どうやらこの場合は「RPG55305」を一つの固まりとして認識しているようです。ひと固まりの「RPG55305」に変更が加えられたことによって、入力ミスが発生したと判断されるのではないでしょうか。

ここまで試してみた印象ですが、かなり厳密な検証結果が得られるようです。また、スペースのあるなしが大きく影響しそうです。

例えば家電製品などのモデル名(アルファベット+数字の羅列)の打ち間違いには力を発揮してくそうです。ただ、かなり厳密な検証が行われるようですので、日本向けのモデル名と海外向けのモデル名が変わるケースなどには却って邪魔になるかもしれません。

環境設定でうまく調整できればいいのですが、今回はそこまで試していません。すみません。

SDL Number Verifierをアンインストーする

最後に「SDL Number Verifier」をアンインストールする手順をご紹介します。といっても、他のアプリケーションと同様に「コントロールパネル」から普通にアンインストールするだけです。

「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストールまたは変更」を開き、「Number Verifier version 1.0.4.0」を見つけて「アンインストール」をクリックします。
コントロールパネルアンインストール

下記のアラートが表示されますので「はい」をクリックします。
アンインストール

正常にアンインストールが完了すると下記のアラートが表示されますので「OK」をクリックします。
アンインストール済み
アンインストールが完了しました。









自費出版 ブログランキングへ

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Amazonでも販売中です!!


上へ