Frentopia公式ブログ

手を出したら負け? わからないヤツは殴ってもいい? 学校での体罰は是か非か←いや、ダメに決まってるけどなw【長文】

仕事・会社, 生活, 趣味, 雑談 | 2019年1月22日 | タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

学校イメージ
2019年1月18日、東京都町田市の都立町田総合高校で、生活指導担当の男性教諭が高校1年生の男子生徒に体罰を加えたことが判明した。
 
都教委によると、体罰があったのは1月15日。
生徒のピアスを男性教諭が注意したところ口論になり、男性教諭は生徒の顔を殴り腕を掴んで引きずるなどの暴行を加えたとのこと。これにより、生徒は口の中を切るけがを負っている。
 
体罰を加えた男性教諭は「生徒の言葉にカッとなってしまった」と説明しており、この教諭が日常的に体罰を行っていた事実は確認できていないという。


なお、騒動のきっかけはSNS上にアップされた動画で、男子生徒が教諭と口論し教諭が暴力を振るうまでの様子が映されている。また、動画内では「Twitterで炎上させようぜ」という撮影者の声も録音されており、多くの議論を巻き起こしているとのこと。
 
これに対し、1月21日放送の日本テレビ系「スッキリ」でお笑い芸人の加藤浩次が「生徒も裁かれるべき。先生をハメてる」「大人をなめんなって話」と私見を述べ、インターネット上ではこの意見に賛同する声が挙がっている。


 
「NGT山口真帆さんの暴行被害? 事件? がシャレになってない件。これ、いろいろアウトじゃないの?」
 

最悪な胸糞動画だったな。登場人物が全員しょーもなくて、擁護できる部分がどこにもない

東京都町田市の都立町田総合高校で起きた男性教諭の体罰が大きく報道されている。
 
教諭に対する男子生徒の態度。
その態度に激高して思わず手を出してしまう男性教諭。
そして、明らかに意図して撮影されたと思われる動画はSNS上であっという間に拡散され、各所で議論を呼んでいるとのこと。
 
 
僕も興味本位でこの動画を見てみたのだが、まあ最悪だなと。
 
完全に相手を怒らせる目的で挑発する男子生徒もしょーもないし、その挑発にモロに乗っかる男性教諭とやらもしょーもない。
もちろんその様子を撮影して動画サイトにアップするメンタルもしょーもない。
 
登場人物全員、どこにも擁護する部分の見当たらない胸糞動画だった。
 
「政治的発言をする芸能人が仕事を干されるのが当然なワケ。正しいか間違いか、右か左かは関係ない」
 
なお、SNS上での反応を漁ると、
「挑発した生徒が悪い」
「これで男性教諭だけが処分されるのは納得いかない」
といったものから、
「バカを抑制するには体罰も必要」
「口で言ってもわからないヤツは調教するしかない」
など、体罰を肯定する意見まで本当に幅広い声が聞こえてきた。
 
 
これについての僕の意見は申し上げた通り。
教師の体罰がOKなわけがない。
手を出した男性教諭とやらが正しいわけがない。
 
そして、挑発的な態度で教師に食ってかかる男子生徒もダメ。
その一部始終を撮影してネットにアップするのもダメ。
 
繰り返しになるが、登場人物総じてクソ。どこにも擁護する部分が見当たらない。
 
「日本相撲協会の暴力禁止規定要旨がオモロ過ぎませんかねw 足りなかったのは自覚じゃなくて一般常識()だろ?」
 

教師の体罰がOKなわけないからな。体罰を黙認するとどうなるか知ってる?


とりあえず、僕自身は教師からの体罰を受けた経験がある。
もっと言うと、クソみたいな教師のクソみたいな指導()とやらに日々晒されてきたクチ。
 
数学教師が竹刀片手に教壇に立ち、問題を間違えた生徒の頭を叩く。
体育教師が体育祭の練習で失敗した生徒の頭を叩き、「もうお前はやらなくていい」と罵倒する。
持ち込み禁止のマンガを持っていた生徒を問答無用でボコる。
 
また、スカートの短い女子生徒を学年集会でみんなの前に立たせ、「スカートを短くしてるってことは、見えてもいいんだよな?」と、薄ら笑いを浮かべながらスカートの裾をゆっくり持ち上げたり。
 
もちろん周りの教師も半笑いで傍観するのみ。
 
「部落差別ねえ…。それより僕のブラック田舎あるあるを紹介してみようか」
 
そして、生活指導担当の教師が「我々は別にお前らに学校に来てもらわなくても困らない。言うことを聞けないヤツは辞めてもらって構わないし、こちらは痛くもかゆくもない」と、全校生徒の前で堂々と宣言する。
 
地域では「校風の美しい学校」として名をはせていたが、実態は単なる恐怖政治による統制。やたらと教師が威張り散らす意味不明な学校(高校)だった。
 
 
まあ、早い話が増長していたんだろうなと。
 
指導()と名のつく巨大な権限を与えられ、自分の好き勝手に相手(生徒)を服従させられる。
それこそ体罰と称した暴力を振るっても咎められることもない。
 
普通に考えて、こんな状況で勘違いしない方がおかしい。言っちゃ悪いが、日体大卒の中途半端な筋肉バカにそんな思考回路が備わっているはずがない(偏見)。
 
しかも、バカのくせに相手を服従させる術には長けているのがタチが悪い。バカのくせに。
「高卒」という社会で生きていく上で最低限必要な資格をタテに、「別にお前らに学校に来てもらわなくても困らない」とほざく卑怯なメンタルに加え、公衆の面前で思春期の女の子のスカートをめくる醜悪さ。
 
ここ最近、あらゆるものに「〇〇ハラスメント」と名づけて断罪する風潮があるが、マジもんのパワハラ、マジもんのセクハラってこういうことだからな。
 
「さくらももこ訃報ってマジか。漫画家というよりエッセイストかな。「もものかんづめ」の衝撃とその思い出」
 
はっきりと断言するが、僕は諸々の指導()で自分の人格が形成されたことなど1mmもない。
アイツらから学んだことと言えば、世の中には相手にする必要のない人間が存在することを知ったくらい。
そもそも論として、学校を卒業してからもう一度学校に戻ったヤツに社会について教わること自体がおかしな話なんだよな。
 
おかげさまで、僕は今でも教師という生き物が大嫌いであるww
 
 
何が言いたいかというと、要するに教師の体罰を肯定するのは絶対にアカンぞってこと。
なぜなら、アイツらはデカい権限を与えるとすぐに増長するから。そこに愛()なんて存在しねえから。
 
「手を出したらアウト」「殴ったら終わり」なのは当然として、バカに権力を与えるとロクなことがねえんだよ。
 

加藤浩次の「大人をなめんな」も微妙に違うような……。いろいろ忘れてる感じがするよ?

また、称賛を集めたという加藤浩次の「大人をなめんな」発言についてだが、個人的に「いや、ちょっと違うんじゃないの?」と思っている。
 
恐らくこの人自身が忘れちゃってるんだろうなぁと思ったのが、「子どもは大人をなめたい」ということ。
大人が「大人をなめんな」と思う10倍くらい、子どもは「ガキをなめんな」と思っている事実。
 
もっと言うと、どこまで行っても教師と生徒は対等にはならない。
教師がどれだけ壁を作らず対等な立場を築こうとしても、いつだって生徒からは「教師」として見られる。
 
この関係が大前提として立ちふさがるので、一部の尖った生徒からは必要以上に目の敵にされてしまう。本人にそんなつもりがなくても、「自分たちを見下す存在」「倒すべき大人」として認識される。
 
これはもう、マジで仕方ない。
そういうもんだと思うしかない。
 
「連載「ボクらは「貧困強制社会」を生きている」に対する自己責任論者が一向に消えない件」
 
そして、ここを踏まえて接しないと大やけどを負う。教師側の勘違いも起こるし生徒の反感も買う。
結果として、僕の高校時代のようなバカどもが発生するという悪循環に陥るのである。
 

体罰に代わる抑止の方法? やっぱり法律や罰則で縛るのが一番じゃないの?


昔は体罰が黙認され、教師が恐怖の対象として存在していた。
だが、世の中的に体罰はご法度となり、うかつに手を出せばその教師の人生はあっという間に終了する。
 
加えて生徒側は少年法によって保護されているため、暴力や犯罪面では圧倒的に有利という状況。
 
未成年の立場を利用してやりたい放題の生徒と、保護者や世間からの締め付けでがんじがらめの教師。
そりゃあ、精神ぶっ壊れる教師も続出しますわな。
 
「恵方巻きビジネスが絶対にコケる3つの理由。恵方巻き大量廃棄? だから恵方巻きにはポテンシャルはないとあれほど…」
 
これについては、やはり法律や罰則で縛るのが一番だと思っている。
少年法の改正云々の話はかれこれ20年くらいやっているようだが、手をつけるとすれば結局そこだろうと。


生徒の増長が止まらないからといって、今さら体罰を容認するのはあり得ない。
かつては体罰が抑止力として効果を発揮していたのなら、それに代わる何かを探そうぜ。
 
「民間から人材を招へいして教育現場の改革を~」という提案もあるらしいが、正直即効性という意味では全然弱い。
 
「暴力に訴えるのは指導力不足の証拠」などの声も聞こえるが、それもちょっと無理がある。
ハナから「ガキをなめんな」と心を閉ざす生徒と対話するのに3年間はあまりに短い。そんな燃費の悪いことをするより、さっさと法律や罰則で線引きをする方がよっぽど効果的(だと思う)。
 
「残業月100時間オーバーの実態。ヤバい? まだいける? ヒトでいられるボーダーラインの見極め」
 

罰則の前借り制度を導入しようぜ。奨学金制度みたいな感じで

そして、実現性の有無を無視して言うのであれば、罰則の前借り制度を導入するのはどうよ? と。
 
未成年時代の犯罪をポイント化→二十歳の誕生日を迎えた日から、累積ポイントによって一定額の税金を徴収する。徴収方法は住民税等に加算してもいいし、別枠で設けてもいい。
 
現状の(成人用の)刑罰に照らし合わせて、ポイントを金額に換算する方式。今回でいえば、教師に対する暴言が侮辱罪、その様子をネットにアップしたことが名誉毀損罪に当たるくらいか。
 
「会社で老害に遭遇したことある? 僕はあるよ? あなたの会社の老害はどんな人?」
 
いわゆる罪の前借りというか、大学の奨学金制度のようなイメージ。
これを交通違反の切符のように、その場で警察に処理させマイナンバー等で管理する。
 
それこそ交通違反と同様、警察に何らかのノルマ(手当て)を課せば取り締まる方もそれなりに一生懸命になるはずだし、学校側も校内、校外問わずに問題が起きたら躊躇なく警察を呼べる。
 
 
18歳は大人か否か、選挙権とのバランスは? みたいな議論に時間をかけるよりもええんちゃう? と思うのだが。
 

 

 

 

 

自費出版 ブログランキングへ
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 広告 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Amazonでも販売中です!!


上へ