Frentopia公式ブログ

SDL Trados Studio 2014+Word。日本語版と英語版それぞれに指定のスタイルがある場合の日英翻訳

Trados, Word | 2015年3月12日 | タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

お世話になります。個人出版支援のFrentopiaです。
先日のこの記事からだいぶ時間が経ってしまいましたが、実は続きを書こうと思っています。
前回の記事では、スタイル設定されたWord文書をSDL Trados Studio 2014で翻訳対象ファイルとする際、特定のスタイル名を指定することで翻訳対象から除外できる機能をご紹介しました。

今回もWord文書をSDL Trados Studio 2014で翻訳する際の、スタイル設定について考えてみたいと思います。
具体的には、
・クライアントから日本語版のWordが提供された
・提供されたWordには日本語名のスタイルが設定してある
・依頼内容はこの文書の英語版作成
・英語版用のスタイルはテンプレートで提供される
・英語版用のスタイル名はアルファベット
という条件です。

「Word 2010で段落番号が自動で振られるように設定する方法」

つまり、単純に日本語→英語の翻訳をするだけではなく、指定された英語版のスタイルを設定して納品するという仕事です。

翻訳済みのプロジェクトから訳文のみで保存する

まずはWord文書を日本語から英語に翻訳します。Word文書は前回のものをそのまま使用しています。
日本語から英語に翻訳↓
SDL Trados Studio 2014でWordを翻訳01
この文書を「訳文のみで保存」します↓
SDL Trados Studio 2014でWordを翻訳訳文のみで保存

日本語版と英語版のスタイル名を同じにする


SDL Trados Studio 2014自体に、Wordのスタイルを読み込んで翻訳済みファイルにマッピングする機能があればいいのですが、残念ながらそれはできません。
ですので作業の手順としては、
・翻訳済みのWord文書(上書きされただけでスタイル名の設定は日本語版のまま)のスタイル名を英語版と同じにする
・英語版のスタイルテンプレートからスタイルを読み込んで上書きする
というやり方が一番合理的ではないかと思います。

実際にやってみましょう。
まずは書き出した訳文ファイルと、スタイルテンプレート用の英語版を両方開いてスタイル名を確認します。
Wordスタイルテンプレートと合わせる
右がたった今書き出した訳文ファイル、左が英語版用テンプレートのファイルです。
今回はあらかじめスタイル名を揃えておいたので問題はありませんが、ここでスタイル名を該当するものに名前を変えていきます。
例えば「本文1」というスタイルを「body1」、「見出し1」というスタイルを「Title1」などです。
 
「Wordで各ページのヘッダーに見出しタイトル(段落)を自動的に表示する方法2つ【クイックパーツ/相互参照】」
 

英語版のテンプレート用ファイルからスタイルを読み込む

スタイル名の変更が終わったら、次は英語版のテンプレート用ファイルから訳文ファイルにスタイルを読み込みます。
「ホーム」タブから「スタイル」を表示し、下のほうにある「スタイルの管理」をクリックします。
「スタイルの管理」ウィンドウが表示されたら左下にある「インポート/エクスポート」ボタンをクリックしましょう。
スタイルの管理ウィンドウ

「構成内容変更」ウィンドウが開きます。
左側に作業中のファイルのスタイル一覧、右側にWordにデフォルトで入っているスタイルテンプレートNormal.dotmが表示されます。
今回は右側のスタイルテンプレートNormal.dotmは必要ないので閉じます。「ファイルを閉じる」をクリックします。
スタイルテンプレートファイルを閉じる
次は英語版用のテンプレートファイルを取り込みます。「ファイルを閉じる」が「ファイルを開く」に変わるのでクリックします。
スタイルテンプレートファイルを開く
英語版のスタイルテンプレート用のファイルを選択して「開く」をクリックしてください。
スタイルテンプレート用ファイルを選択

「構成内容変更」ウィンドウに戻ります。
右側に選択したファイル名とスタイル一覧が表示されています。
該当のスタイルをShiftキーを押しながら複数選択して「コピー」をクリックします。
「構成内容変更」ウィンドウスタイルコピー
既存のスタイルを上書きしてもいいかと聞かれますので、問題なければ「すべて上書き」をクリックします。
既存のスタイルを上書き
スタイルテンプレート用のファイルから訳文ファイルにスタイルが上書きされました。
英語版テンプレートからスタイル上書き
ちゃんと文字の設定が引き継がれているかを確認するため、「見出し1」を「Title1」に打ち変えてみます。
Wordスタイル上書き比較
英語版用のテンプレートと同じになりました。テンプレートのスタイルがちゃんと適用されていることが確認できました。
問題なくスタイルが上書きされたようです。

以上が、日本語版と英語版にそれぞれスタイル設定の指定がある際の作業です。こうすれば、SDL Trados Studio 2014で翻訳するたびにスタイルをあて直すことをしなくてもいいのではないでしょうか。
とはいえ、これがベストだとも思っていませんので、他にもっといい方法があればぜひ教えていただきたいです。

またしてもうまくお伝えできている自信がないのですが、いかがでしたでしょうか。
少しでもみなさなんの作業効率アップのきっかけになればいいのですが……。





自費出版 ブログランキングへ

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 広告 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Amazonでも販売中です!!


上へ