Frentopia公式ブログ

大谷翔平の課題はスライダーかな。スプリットがダメ日は投げる球がなくなっちゃう。早急に球速をアップしてスラッター化したいね【2018.4.17】

趣味, 野球観戦, 雑談 | 2018年4月18日 | タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

ボストンイメージ
2018年4月17日(日本時間18日)、MLBロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が本拠地で行われたボストン・レッドソックス戦に先発し、2回66球4安打3失点で降板。チームも10-1で敗れ、メジャー初黒星を喫した。
 
「松坂大輔4241日ぶりの日本での勝利! ひゃっは~、たまらねえぜww ストレートの威力が戻った松坂が筒香と真っ向勝負」
 
初回、先頭のベッツに低めのストレートをすくい上げられ、いきなり本塁打を許す立ち上がり。
その後も制球が定まらず、2回にはヒットと四球で出したランナーを9番ホルトに返され2点目を献上する。さらに満塁から犠牲フライで3点目を失うなど、この回までで球数が66球を数える。
 
そして、右手にできたマメの影響によりこの回で降板。
チームも相手先発のデビッド・プライスに5回1失点に抑えられるなど精彩を欠き、最後まで流れを掴むことができず。
 
メジャー初黒星を喫した大谷は、戦績を2勝1敗、防御率3.60としている。
 
「錦織圭とかいう史上最強()のスロースターター。フルセットでの勝率が歴代1位って、どんだけ勝負強くて燃費悪いんだよ」
 

今日は調子が悪過ぎた。球が遅いなと思っていたら、いきなり先頭打者ホームランを打たれちゃった

う~ん……。
残念というか、今日はダメダメだったなと。
 
立ち上がりから
「ん? 球おっせえな」
「あんまり走ってないな」
と思っていたら、いきなりムーキー・ベッツに先頭打者ホームラン。


その後も制球が定まらず、カウントを悪くしてヒット、四球の悪循環。
 
スライド登板や寒さなどもあったと思うが、ちょっとどうにもならなかった感じか。
 
前回登板からかなり楽しみにしていたのだが、とりあえず今回は今回。さっさと切り替えて、次に期待ということで。
 

スプリットが使い物にならない日はあっという間に苦しくなる。制御が難しい球なので好不調の波も激しい


とはいえ、今日は大谷の課題がモロに出た登板だったと思う。
 
ストレートの走りが悪かったのもそうだが、スプリットがまったく使い物にならないのが痛かった。
指に引っかかって叩きつけて、ほとんどベース盤の上を通過しない。まともにコースに行ったのは1、2球あったかどうかだったのではないか。
 
そしてスプリットが使えない場合、どうしてもピッチングは苦しくなってしまう。
 
「大谷6回1/3、11奪三振103球で勝敗つかず。なるほどカーブを便利使いか。スライダーの高速化よりも手っ取り早い」
 
今の大谷は、基本的にはストレートとスプリットの2ピッチ。
 
平均97マイルのストレートを待っているところに同じ腕の振りで80マイル後半のスプリットがくるため、打者はバットが止まらず空振りが増える。
前回登板の7回12奪三振でもわかるように、スプリットの調子がよければいくらでも無双できる。
 
だがスプリットは挟んで投げる分制御が難しく、好不調の波も激しい。恐らくだが、疲労の度合いにも大きく影響されるのではないか。
 
そして、今日のレッドソックスのように最初からスライダーを無視された場合、スプリットがまともに機能しないとあっという間にしんどくなる。
 
カウント球も勝負球もストレート。
これではなかなか空振りは奪えず、必然的に球数がかさむ。
フェアゾーンに飛んだ打球も詰まらせてはいたが、当たり前だが前に飛ばされればヒットになる可能性は生じる。というより、実際ヒットになっていた。
 
スライダーは楽々見逃され、スプリットは制御不能。
頼れる球がストレートのみではにっちもさっちもいかない。
 
「見たか貴様らww これが松坂大輔さんだよww そこにいるだけで人が群がるカリスマ性、佇まいが絵になる男が中日合格」
 

やっぱりスライダーの球速をアップしてスラッター化したい。今の83マイルのヌルいスライダーはMLBでは厳しい

そして、この課題を克服するにはやはりスライダーの高速化だなと。
 
以前にも申し上げたように、大谷のキャリアハイは2016年。
そして、今の大谷はその水準にはまったく達していない。
 
中でもスライダーのヌルさは顕著と言える。
 
初登板の際に打たれたホームランがコレ↓


本人の中ではベストピッチだったとのことだが、やはりヌルい。
 
83マイルのスピードでいったんフワッと浮き上がり、緩やかな放物線で外に沈んでいく。
コースもバッチリ外角低めなのだが、今のMLBではこのスライダーはちょっと厳しい。
 
もっとこう、急激に「ギュイン」と曲がるスライダー。
途中まではストレートに見えて、打者の手前でいきなり曲がり落ちるような軌道がほしい。
 
要はこんな感じ↓


80マイル後半のスピードで、打者の手前で急激に「ギュイン」と曲がりながら落ちる。
いわゆる「スラッター」と呼ばれる球で、スライダーよりも速くカッターよりも大きく変化する。大谷のスライダーとの違いは一目瞭然である。
 
数年前にドジャースのクレイトン・カーショウやナショナルズのマックス・シャーザーが使い始めたと記憶しているが、今では誰もが当たり前に投げている球種。もちろん日本でも使い手が増えつつある。


仮に今の大谷にスラッターがあれば、恐らく今日のような結果にはならない。
 
ストレートのタイミングで待っているところに同じ軌道、同じ球速帯からいきなり「ギュイン」と曲がるので、どうしてもバットは出てしまう。しかもスプリットと違ってゴロになりやすく、球数の節約にもなる。
 
現状の大谷はストレートとスプリットのゴリ押しだが、ここにスラッターが加わることで一気に幅が広がる。
 
100マイルのストレートと90マイルのスプリットはピンチのときに限定し、通常時はスラッターと90マイル後半のストレートでゴロを量産する。
省エネで長い回も投げられるし、打者をやりながらでも多少は登板間隔を詰められる(かも)。
 
「松坂大輔の熱い123球に感動ww やっぱりすげえわコイツ。あの空気感を出せるのは選ばれた選手だけ」
 
これができれば、大谷はMLBの舞台でも日本時代のようにチート化する(はず)。もしかしたら、7番ピッチャーオオタニサンが観られる日がくる? かも?
 

いや、全然いい球でしたよ。日本でならベストピッチですよ大谷のスライダーは。でも、MLBが意味不明なくらいハイレベルなんですよねww

なお、大谷のスライダーがヌルいとは言ったが、日本でなら普通にベストピッチであることは間違いない。
160kmのストレートを待っているところに133kmのスライダーがくれば、めったに打てるものではない。
 
「松坂大輔2018年成績予想。ついにこの季節がやってきました。ほら見ろ、松坂はすげえだろが。あ?」
 
ただ、MLBではそれが通用しない。
80マイル前半の球速帯でやっていくなら、このくらいのキレが必要だよねという話。


いや、もうね。
わけのわからんレベルなんですよ今のMLBさん。
打者も投手もハイレベルになり過ぎて、僕みたいなパンピーの理解を超えてらっしゃる。
 
今日のムーキー・ベッツなんて、完全にゾーンに入ってましたからね。
トップバッターで1試合3本塁打はさすがに反則でしょww


 

 

 

自費出版 ブログランキングへ
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Amazonでも販売中です!!


上へ