Frentopia公式ブログ

村田再戦で勝利!! 絶不調のエンダム(ヌジカム)にTKO勝ちでミドル級戴冠。疑惑の判定から因縁に終止符を打つ【結果・感想】

ボクシング観戦, 趣味, 雑談 | 2017年10月23日 | タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

ミドル級イメージ
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 
2017年10月22日、東京・両国国技館で行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチ。
同級正規王者アッサン・エンダム(ハッサン・ヌダム・ヌジカム)と、挑戦者でロンドン五輪金メダリストの村田諒太が対戦。7R終了TKOでエンダムを下し、見事王座を獲得した。
 
「ロマチェンコvsリゴンドー予想。利害の一致だろ? 先行きが見えない同士の消去法マッチ。ってゴメン、ちょっと楽しみにしてるw」
 
今年5月以来の再戦となった両者。
挑戦者の村田は手数の少なかった前戦とはうって変わり、序盤から前に出てボディやジャブを積極的に放つ。対するエンダムも、足を使って距離をとった前戦とは違いリング中央で真っ向から村田と打ち合う。
 
「比嘉がマソンを圧倒。打倒井上尚弥一番手キタんじゃない? 井岡よりも普通に強いんジャマイカ? あ? 武井壮? ブロックしちゃいなよ」
 
試合はパワーと正確性で勝る村田が流れを掴む展開。
エンダムはボディへのダメージで徐々に失速し、1発のパンチに力が乗らない。
 
「京太郎vsアーロン・ラッセル感想。なるほど、前に出てストップTKOはいいね。標的はマヌエル・チャーか…。どうなるかね」
 
ダウン寸前まで追い込まれながらも7Rまでしのいだエンダム。だが、8R開始前に陣営が棄権を申し出たために試合終了。
 
村田諒太が念願の王座を獲得するとともに、オリンピックの金メダルと世界王者を両方獲得した初めての選手という快挙を達成した。
 
「コラレス陥落。マチャドのカウンターで壮絶ダウン。って、体重超過で負けるってどこのネタキャラだよw」
 

村田諒太勝利!! 最高の結末に対する最低のテンションww

まず何より、村田諒太はナイスファイト。
竹原慎二以来22年ぶり2人目の日本人ミドル級王座獲得とともに、金メダリストが世界王者についた日本ボクシング史上初めての選手。もはやこの快挙には文句のつけようがない。
 
また、前回の判定負けからいっさい言い訳をせず、黙々と再戦に向けて準備を重ねる姿勢。
 
興行側もリングアナウンサーにジミー・レノン、レフェリーにケニー・ベイレスを起用し、トップランク社のボブ・アラム自らが来日するという徹底ぶり。
選挙当日にもかかわらずフジテレビの中継も入るなど、前回以上の気合いである。
 
「村田諒太に「引退してほしくない」理由。コイツの本音が聞きたいんだよな。ボクシング界どうこうじゃなく、てめえがどうしたいか」
 
当の村田はこれだけのバックアップに感謝を忘れず、きっちりとKO勝利という結果で応える。
試合後のインタビューではジョークを交えて喜びを表現し、なおかつ敗者への心遣いも忘れない。
おまけに会見に登場したエンダムと健闘をたたえ合い、お互いの友情を確認し合うという締めくくり。
 
1人のボクサーの紡いだストーリーとしては最高の結末である。
 
「村田vsエンダム感想。疑惑の判定負け? 素人がプロに口出すな。やったことがないヤツが語るな。だったらお前がやってみろ理論」
 
そして以前にも申し上げたように、僕自身、ビックリするくらいこの試合に対する情熱がない
 
村田の試合はすばらしかった。
前回の敗戦から今回の勝利に至るまで、非の打ちどころがないほどに。
 
「サンダースvsレミュー予想。実は○○じゃないサンダース。間違ってWOWOWで生中継されないかな」
 
試合運び、振る舞い、言動その他。
何一つ文句をつけるところが見当たらない。
 
「村田V1戦はブランダムラさんと横浜アリーナで。ええやん、東京ドーム開催に向けて前進してる。しかも勝てば次戦はアメリカだって」
 
それを前提に、ビックリするくらい村田の勝利にテンションが上がっていないww
 
「公平なジャッジなんて存在しないよね。それよりジャッジを味方につけた方が建設的かな? カネロvsゴロフキンの判定結果が物議」
 
「ボクシングの勝者は相手を踏みにじる。だから勝者は敗者の分も背負って戦わなければならない」だっけか?
 
なるほど。アツいっすね。
 
「石田匠がヤファイに勝利する方法を考える。って、7万人?! ゴメン、意味わからんww ボクシングやる規模じゃねえわww」
 
逆に、体重超過でタイトルをはく奪されたジェスレル・コラレスやジャーボンティ・デービスにとって、王座というのはあくまで飾り。
「誰々の思いを背負って守り続ける」とかではなく、チャンピオンベルトは単純に自分が成り上がるための道具に過ぎない。
 
これはもはや価値観の問題なのだが、個人的にはコラレスやデービスのドライさも嫌いではない。
 
「ジャーボンティ・デービス体重超過ww フォンセカにKO勝利もさっそくネタキャラ化。尾川が防衛戦キャンセル? ええやん別に」
 

ヌジカムのコンディションが悪過ぎた。あそこまで下半身に力が入らないと何もできんわなw


とりあえず、今回の試合を観て思ったのが、
「ヌジカム動き悪いなオイ」。
 
もうエンダムと呼ぶのが面倒なのでヌジカムでいかせていただくが、とにかくこの試合のヌジカムは絶不調だった。
 
「拳四朗は和製ロマチェンコを目指せ。ゲバラに消耗戦で勝利!! だけど、これじゃない感半端ない」
 
開始直後から足の運びが微妙で、前回ほど左右への動きがない。
パンチにも力が乗らず、村田の圧力を真正面から受けるシーンが目立つ。
 
中盤以降はほとんど下半身に力が入らず、軽いコンタクトでもバランスを崩して倒れてしまう。
当然パンチは手打ちになり、1発出すたびに抱き着くようにクリンチするだけ。
 
「エジディウス・カバロウスカスとかいうウェルター級の井上尚弥。リトアニアの井上キタコレww こんなに似てる選手は初めて」
 
正直、僕はヌジカムをぶっ飛んでいい選手だとは思っていないが、それでもこの調子の悪さはどうなの?
確かに前回よりもボディをもらっているし、村田と正面からどつき合って体力を消耗したのかもしれないが。
 
などと思っているうちに7R終了ギブアップ。
実にあっけないというか、「あれ? あれ?」と首をかしげている間に終わってしまった。
 
「村田諒太再戦? 次戦? 何がしたいんだ問題。やっぱり計算高いよなこの人。自分が他人からどう見られるかのケアが半端じゃねえ」
 
試合後のヌジカムのコメントを聞くと、どうやら足首を痛めていたとのこと。しかも、合宿中に40度の熱を出してまともに練習ができなかったとか。
 
「チャーロ兄圧勝やね! センテノを2RKOに沈めて暫定王座獲得。村田諒太との違いが明確でおもしろかった。フィジカル上位の優位性」
 
なるほど。
あそこまで下半身の踏ん張りが効かないのはそういうことか。
2Rのゴング後にロープ際でよろけていたが、あの時点ですでにヤバかったのか。
 
「ドーピングって何でいけないの? ルイス・ネリ問題に絡んで気になっていたことを調べてみた。自分なりの意見も言ってみようか」
 

ヌジカムが勝負を賭けた3R。渾身のオーバーハンドをあっさり防がれ万事休す

なお試合を観直して気づいたのだが、この試合のヌジカムは前半3Rに勝負に出ている。
 
「村田諒太がやっぱりロブ・ブラント戦。ビッグマッチへの足掛かり? 結構いい試合になりそうな…」
 
1、2Rは前戦と同様、フットワークを使って動くのだが、足の痛みに加えて村田の手数が多く逃げきれない。
そのため、村田の前進を打ち終わりのクリンチでしのぐ作戦に切り替える。
 
「大竹秀典vs丸田陽七太感想。丸田はちょっと期待はずれだったなぁ。てか、大竹vs臼井なんて試合があったんかい!」
 
そして迎えた3R。
ガードを上げ、足を踏ん張り頭をつけて村田と対峙するヌジカム。
 
「京太郎を応援する理由? そんなもん「ヘビー級だから」でいいだろw 2018年の世界戦実現なるか。京太郎マジでがんばれ」
 
村田の打ち終わりに目いっぱいの連打を返し、ガードの間から左を通す。
左右ボディに耐えつつ上体を振り、身体が流れそうになるのを寄りかかるようにして耐える。
肘を当ててスペースをこじ開け、ガードの下からアッパーをねじ込む。
ジャブでガードの上を叩き、距離を測って渾身の右。
 
「山中がネリと再戦? やめた方がよくね? 勝てそうに見えないんだが。というより、ホントにこの試合やっちゃうんすか?」
 
恐らく3Rの残り1分43秒あたりに放ったオーバーハンドの右。あれがヌジカムの最後の力だったのではないだろうか。
 
あのパンチ以降パッタリと接近戦を止めているし、次の手も見当たらない。
あとは村田のプレスに削られ、じわじわと摩耗していくのみ。
 
「挑発大好きサンダース君がレミューをヒラヒラかわして大差判定勝利。さすがサンダースww 予想以上にいい選手」
 
コンディション調整の失敗に同情する気はさらさらないが、この日のヌジカムは自分にできることをやり尽くして負けた感が強い。
 
「ひっでえ試合。チャーロ兄がKO勝利って、ヘイランドとかいうヤツ、試合できる状態じゃねえじゃんか。こういうのを茶番wwって呼ぶんだよ」
 

この試合でヌジカムが村田に勝てる要素はほとんどなかった。でも、それ以前にヌジカムのコンディションがアレだった

僕は常々、初戦の判定に帝拳ジムの本田会長が激怒したせいで、ヌジカムの戦術が大幅に狭まったと申し上げてきた。
 
「村田ズルいww このタイミングでエンダムと再戦決定って、こんなの村田が勝つに決まってるじゃんか。全部計算づくってかオイww」
 
今回の試合でヌジカムが勝つには、前に出て打ち合うしかない。
だが、至近距離での打ち合いではヌジカムに分が悪いことははっきりと証明された。
 
ヌジカムの持ち味は何と言っても回復力。
腰高なスタンスなので小突かれるとすぐにダウンしてしまうが、その分致命的なダメージは負わず回復も早い。
 
「拳四朗4RTKO!! ペドロサ手も足も出ず。いいですね拳四朗。ホントに期待できるぞこの選手。まあ、今回は相手が微妙だったけど」
 
だが、前に出て打ち合うには足を踏ん張る必要があり、相手の攻撃を芯で食う危険性も高まる。
身体を固めたところに芯で食えば、当然ダメージは溜まる。
 
ヌジカムが勝つには打ち合うしかないのだが、打ち合いでは明らかに分が悪い。なおかつ、持ち前の回復力も失われてしまう。
つまり、再戦でヌジカムが村田に勝利する可能性は極めて低い。
 
繰り返しになるが、僕がこの試合にテンションが上がらなかった一番の理由がこれである。
 
「こんなん予想できるかww ジャーメル・チャーロが怪童ルビンをワンパンKO!! まさかの1R決着で注目の対決を制す」
 
さらに言うと、ヌジカムがアルフォンソ・ブランコをワンパンKOに沈めた右のカウンター。
あのパンチを警戒する声も大きかったが、実はあれ、前戦の4Rに村田がカウンターを合わせてダウンを奪った際のパンチである。
要は、村田は前戦ですでにヌジカムの必殺の右を攻略済みだった。
そう考えると、この試合でヌジカムができることはほとんどなかったということになる。
 
「村田がブランダムラを圧倒して防衛。お見事だった。てか村田の「目標はゴロフキン」発言にワロてまうんだがw」
 
ただ、今回の試合はそれ以前の話。
試合前から満身創痍のヌジカムに残された戦術はほぼゼロで、唯一の勝機と考えた前半勝負もあっさりと凌がれてしまった。
 
もちろん村田が積極的に手を出したのはよかったが、残念ながらヌジカムの調子が悪過ぎた。
多くの方と一緒に僕も盛り上がりたかったのだが、ヌジカムがしょっぱ過ぎてそこまで至らなかったのが率直な感想である。
 
「尾川堅一がテビン・ファーマーに勝つには? どうすりゃいいのかサッパリわかりませんが、一応考えてみる」
 

デビッド・レミューになら勝てるんじゃないの村田。というか、サンダースvsレミュー戦をめちゃくちゃ楽しみにしてますww

ちなみに今回勝利した村田の対戦相手として、デビッド・レミュー戦を期待する声が多いという。
 
ヌジカムを4回ダウンさせながらもKOできなかったレミューと、ダウンは奪えなかったがヌジカムの心を折った村田諒太。
ミドル級の剛腕同士の一騎打ちには、確かに心躍るものがある。
 
まあでも、村田が勝つんじゃない?
レミューなら普通に勝てるでしょ。
 
速効型で後半やや失速するレミューが相手なら、前半を耐えれば必ず村田に流れがくる。自分を見失わずに淡々と仕事を遂行できる村田であれば、KO勝利も十分可能だと思うのだが。
 
「レミュー左フック一閃!! スティーブンスがスヤッスヤ。マザーの胸で安らかに眠れ。ひげ面の勇者が担架の上で十字を切る」
 
なお、レミューは今年12月にビリー・ジョー・サンダースとのタイトルマッチが決まっているとのこと。
 
これ、そのうち適当に展望を考えてみようと思っているのだが、ぶっちゃけサンダースが勝つのではないかと思っている。
先日のウィリー・モンローJr.戦でサンダースの強さを初めて知ったのが一番の理由で、実はめちゃくちゃ楽しみにしている試合であるww
 
「サンダースvsウィリー・モンローJr.とかいうアラサー大男2人のお見合いが36分間続く地獄。俺がリゴンドーを嫌いな理由がコレですよww」
 
なので、今のところ僕の中では、
 
村田>レミュー
村田>サンダース
サンダース>レミュー
モンロー>村田
サンダース>モンロー
モンロー>レミュー
 
という複雑な状況ができあがっているww
 
まあ、村田絡みの試合はどれも実現の可能性は低いですが。
 

 

 

 

 

 

 
 

自費出版 ブログランキングへ
 
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Amazonでも販売中です!!


上へ