Frentopia公式ブログ

ハイメ・ムンギアに勝つ方法を誰か教えてください。井上岳志が米国で挑戦。世界王者は化け物だらけ? そんなの当たり前ですよ

ボクシング観戦, 趣味, 雑談 | 2018年12月6日 | タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

ヒューストンイメージ
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 
2019年1月26日(日本時間27日)、米・テキサス州ヒューストンで行われるWBO世界S・ウェルター級タイトルマッチ。同級王者ハイメ・ムンギアに日本の井上岳志が挑戦することが発表された。


王者ムンギアは31戦全勝26KOの戦績を持つ強打者。今年5月にサダム・アリに勝利して戴冠を果たし、今回が3度目の防衛戦となる。
 
対する井上岳志は戦績13勝1分7KOで、現在同級3位にランクされている。
2014年のプロデビュー後、2017年4月に日本王座、11月にOPBF東洋太平洋王座とWBO-AP王座を獲得。着実に実績を積み、今回の世界挑戦にたどり着いた選手である。
 
会見で80%を超えるKO率を誇るムンギアとの対戦を「ワクワクしている」とコメントした井上岳志。米国のリングでのアップセットに期待が高まる。
 
「大健闘の井上岳志。ハイメ・ムンギアに3-0の判定負け。でもめちゃくちゃカッチョよかったよな。採点は…118-110かな?」
 

ハイメ・ムンギアvs井上岳志決定!! がんばれ井上岳志。一度も試合を観たことないけど

ここ最近、何度か噂されていた試合が正式に? 発表された。
ハイメ・ムンギアvs井上岳志。
 
当初はジュリアン・ウィリアムズとのIBF挑戦者決定戦が行われる予定だったが、ウィリアムズ側の事情? とやらでなかなか決まらず。その間WBOからオファーが入り、今回の挑戦に至ったとか。
 
「チャーロ兄vsウィリー・モンローJr.キタコレ!! モンローさんが3度目の王座挑戦。自称階級最強のチャーロ兄」
 
なお、僕はこの井上岳志の試合を一度も観たことがなく、正直予想もクソもない。
多くの方が今回の挑戦を「厳しい」とおっしゃっているが、それが正しいのかすらもよくわからず。とにかく「がんばれ」としか言いようがない状況である。
 
とはいえ、13勝1分7KOと戦績は文句なし。日本王座、OPBF東洋太平洋王座、WBO-AP王座を獲得しており、国内でやれることはすべてやり尽くしたイメージか。
WBO-AP王座のおかげ? でムンギア戦が決まったのかは不明だが、ここまでのキャリアはなかなか順調に見える。
 
陣営も「フィジカル面、パワーはムンギアに負けていない」と言っているし、これはマジで期待していいのか?
 
「ロマチェンコ階級の壁? ペドラザに粘られ、久しぶりの判定で王座統一。てか、サイズ差に苦労してるよな」
 
だってそうでしょ。
ハイメ・ムンギア相手に「フィジカル負けしていない」と断言できちゃうって、結構すごくないっすか?
もちろん誇張気味に言ってるのかもしれませんが。
 
「サンダースが禁止薬物陽性w やるならバレんなよって話。ロマゴンvsフェンテス、ムンギアvsクック、レミューvsオサリバン」
 
そんな感じで、今回はハイメ・ムンギアに勝つにはどうすればいいかを考えてみようと思う。
 
もちろん適当に。
井上岳志を知りもしないくせに。
 
「カネロのボディでロッキー・フィールディング堕ちる。って、久々の「◯◯とは何だったのか?」案件きたな」
 

ハイメ・ムンギアに勝つ方法その1


ジャレット・ハードを連れてくる。
 

ハイメ・ムンギアに勝つ方法その2

首から下をジャレット・ハードと取りかえっこする。
 
「ドグボエ完敗。新王者ナバレッテが天笠尚に見えたな。そして、長谷川穂積とかいうドグボエ大好きおじさん」
 

ハイメ・ムンギアに勝つ方法その3


井上岳志の記事をいくつか漁ってみたのだが、どうやらこの選手は接近戦が得意なファイタータイプとのこと。
 
相手のパンチをブロックしながらプレスをかけ、至近距離での打ち合いに巻き込む。
やや攻防分離気味のフィジカル強者。
 
イメージとしては、ミドル級の村田諒太やゾラニ・テテをKOしたモルティ・ムザラネのような感じか。
 
 
そう考えると、参考になりそうなのは2018年7月のムンギアvsリアム・スミス戦だろうか。
 
「ムンギアvsリアム・スミス感想。巨神兵ムンギアがスミスのガードをぶっ壊し。スミスもよかったけど」
 
ムンギアの1発目にカウンターを被せ、パンチの戻り際に合わせて距離を詰める。
さらに懐に侵入してもう1発。フック気味の右を顔面にヒットし、腕をからめ動きを封じる。
 
ムンギアに腕を振るスペースを与えず、リードの左にカウンターを被せまくる。
危なくなったらすぐにクリンチに逃げ、どさくさに紛れて頭をぶつける。
 
実際、あの試合のリアム・スミスはめちゃくちゃがんばったし、実力的にはムンギアを上回っていたと思う。
最後はムンギアの生物的な強さにねじ伏せられてしまったが、対策自体はバッチリだったのではないか。
 
そして、井上岳志がやるべきなのも恐らくコレ。
前に出ながらのカウンター勝負。
会見でも「カウンター」「くっついてスタミナを吸い取る」とコメントしており、打倒ムンギアの作戦はマジではっきりしている。
 
「村田諒太現役続行!! そうだよ村田、アレで終わっていいわけがないw ブラントだろうがファルカンだろうが知るか。JUST DO IT.」
 

要するにムンギアの圧力を抑えきれるかだよな。そこで圧倒されたらシャレにならない

今回の試合で井上岳志が勝機を見出すには、とにかくフィジカルで圧倒されないことかなと。
 
身長183cmのムンギアに対し、井上は173cm。
この体格差、パワー差を井上がどこまで抑え込めるか。
 
とりあえず、この選手と中間距離で対峙するのはあまりに危険が大きい。
破壊的なフルスイングを真正面から浴び、あっという間に試合のペースを握られてしまう。
 
「パッキャオ圧勝w ブローナーをまったく問題にせず。おかしいだろコイツ。議員との二刀流のルーティーンを掴んだっぽい」
 
これを防ぐためには、自ら前に出てスペースを潰すしかない。
ムンギアの過去の試合を観ると、どの相手も基本的には接近戦を選択していることがわかる。
 
ガードを上げて危険地帯を通過し、ムンギアが思いきり腕を振れない間合いをキープ。その位置でコンパクトなパンチを打ち込み、至近距離での勝負に可能性を見出す。
 
結果、すべての選手がムンギアのスピード&パワーに撃沈していった。
 
「やっべえw 巨人ムンギアがアリを爆撃。ムンギアなんだコイツ。プロレスラーみたいだな」
 
もっとも健闘したリアム・スミスも、ムンギアの圧力をまともに抑え込めたのは3Rまで。
 
4Rからガクッと動きが落ち、暴風雨のようなスイングにカウンターが間に合わない。徐々に反撃の余裕を失い、防御一片等になったところで獰猛なラッシュを浴びてダウン。
 
技術云々、駆け引き云々の努力をすべてチャラにされ、明確な判定負けを喫している。
 
「エキサイトマッチ総集編2108の感想&自分的に度肝を抜かれた試合ベスト3を発表。第1位は思い入れの強かったあの試合」
 
要は、このフィジカル差をどうにかしない限り、井上岳志が勝利するのは難しい。
 
井上岳志という選手が、
・リアム・スミスを上回るパワー
・リアム・スミスよりも精度の高いカウンター
・リアム・スミスを超える根気強さ
を兼ね備えているかどうか。
 
元WBO王者をすべての面で凌駕していることが最低条件となる。
 
「ウォーリントンvsフランプトンは大接戦になりそうだよな。もっと注目されていい試合。勝者がオスカル・バルデスと統一戦?」
 
まあでも、大丈夫だろ。
 
陣営が「ベルトを獲りにいく」とはっきり明言しているし、本人も「これまでの選手は近づき方が甘い」「もっと距離を詰めて」とコメントするなど、至近距離で勝負する気満々。
 
↓しかも、写真を見ると顔もかっこいい。


毎度同じことを申し上げてアレだが、男は顔だから
顔面偏差値の高いヤツは負けないって決まりがあるんだよ。
 
何と言っても、ロベルト・デュランとマイク・タイソンのファンだからなこの人。
 
つまり、井上岳志の王座戴冠は自然の摂理なのであるww
 
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 

 

 

 

 

 

 
 

自費出版 ブログランキングへ
 
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Amazonでも販売中です!!


上へ