Frentopia公式ブログ

阪神ディエゴ・モレノ誕生。150km右腕が日本で活躍できるかを予想してみる。田中マー君とも同僚だったんだってさ【2018年阪神】

趣味, 野球観戦, 雑談 | 2017年12月13日 | タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

野球イメージ
2017年12月11日、プロ野球阪神タイガースが、新外国人のディエゴ・モレノ投手と正式契約を交わしたことを発表した。
 
 
ディエゴ・モレノ(1987年7月21日生まれ)
ベネズエラ出身の右投げ右打ち。
2006年にパイレーツ入り。2012年にトレードでヤンキースへ渡り、2015年にメジャーデビューを果たす。
2016年にはタンパベイ・レイズ、2017年途中でインディアンス入りと、チームを転々として現在に至る。
2017年のメジャー成績は、5試合に登板し0勝1敗、防御率4.76。
 
常時150kmを超えるストレートと140km台前半のチェンジアップを武器にAAAでは防御率0.91を記録しており、阪神ではマテオ、ドリスのバックアップとしての活躍が期待される選手である。
 
「進化が止まらない!! ダラス・カイケルがヤンキース打線を7回無失点に抑えてアストロズ先勝。MLBのポストシーズン最高なんじゃw」
 
なかなかメジャーに定着できず、チームを渡り歩いていた右腕が2018年に求めた働き場所は日本。
鉄壁のリリーフを誇る阪神の中で輝きを放てるだろうか。
 
なお、阪神での背番号は「48」とのこと。
 
「中日ディロン・ジー獲得だっはー!! 先発不足のチームの救世主となるか。2018年の成績を予想してみる」
 

興味を失っていた2017年プロ野球。雨の中で決行した阪神vsDeNAのCSがマジでクソだった

福岡ソフトバンクホークスが4勝2敗で横浜DeNAベイスターズを敗り、日本一を決めた2017年プロ野球。オフシーズンに入り、各チームが着々と編成を進めている。
 
我が阪神タイガース(ファンでも何でもない)も、ウィリン・ロサリオ内野手を韓国のハンファから獲得するなど、優勝を目指した補強が続く。
 
「阪神CS進出決定(予定)!! 1stステージで当たるのはDeNAと巨人どっちがいい? 2位と3位フィニッシュどっちがいい?」
 
そして先日、リリーフの一角を担う存在として、前クリーブランド・インディアンスのディエゴ・モレノ投手の獲得が発表された。
マルコス・マテオ、ラファエル・ドリス、桑原謙太朗、高橋聡文の4人で盤石のリリーフ陣を形成した2017年阪神。モレノの加入によって、さらなる飛躍に期待が高まる。
 
 
2017年シーズンを2位で終えた我が阪神タイガース(ファンでも何でもない)。
だが実を言うと、僕は今シーズンのプレーオフ以降、プロ野球に対する興味をすっかり失っていた
 
「大エース松坂大輔の復活。550日ぶりの一軍登板は5回3失点で初黒星。そんなことより中日がクッソ弱いんだがww」
 
理由は明白で、10月15日の阪神vsDeNAによるCS第2戦
大雨で最悪のグランドコンディションの中、1時間遅れで強行開催した試合。アレのせいで、僕は今シーズンのプロ野球への興味が一気に薄れてしまった。
 
内野の水たまりに球場の照明が反射し、テレビ画面からはボールの行方がまったくわからず。
フルスイングした打球は内野手の手前で止まり、選手は足を取られてまともに一塁まで走れない。
はっきり言って、アレは金をとって見せるレベルのものではない。
 
「見たか貴様らww これが松坂大輔さんだよww そこにいるだけで人が群がるカリスマ性、佇まいが絵になる男が中日合格」
 
試合の強行には賛否両論あったとのことだが、当然ながら僕は大反対。
というより、あまりに馬鹿げていてお話にならない。
日程的な問題や興行収入などの理由はあるのだろうが、それを加味した上で、あの状況で野球をするなどたちの悪いジョークにもなっていない。
 
筒香が何の本気を見せたのか知らんが、こんなのは野球とは呼ばない。


仮にもリーグ最強を決める試合の準決勝で、あんな「野球っぽい何か」で勝敗を決定するなど言語道断。シーズン144試合の積み重ねを無にするほどの暴挙と言っても過言ではない。
 
真の阪神ハァン()であらせられる上西小百合氏もこうおっしゃっている。


普段、波風を立てるのが仕事の上西氏だが、この意見にはクソほど賛成である。
 
日程?
ルール?
これも含めてプロ野球?
 
アホか。
プロ野球なら、シーズンで一番大事な試合をあんな状況で決行せざるを得ない欠陥ルールを何とかせいという話であるww
 
「田中マー君快投!! フライボール・レボリューションへの対抗策? 2シームを減らしてスライダーとカッター、カーブを増やす?」
 

阪神と契約したディエゴ・モレノは4シーム主体のオーソドックスな右腕。メジャーでも通用した4シームの威力は抜群


話がわき道にそれたが、そろそろ本題に。
阪神タイガースが獲得を発表したディエゴ・モレノが、日本で活躍できるかについて。
 
まず、2017年のメジャーでの成績は以下の通り。
5試合に登板し、0勝1敗、防御率4.76。
だが、AAAでは21試合に登板して1勝0敗、防御率0.91と完全に無双している。
 
「松坂大輔2018年成績予想。ついにこの季節がやってきました。ほら見ろ、松坂はすげえだろが。あ?」
 
球種は主に4シーム、チェンジアップ、スライダーの3種類
 
具体的には、
 
・4シーム:
平均球速 153.6km
投球割合 約43%
被打率 .091
 
・チェンジアップ:
平均球速 142km
投球割合 約39%
被打率 .286
 
・スライダー:
平均球速 141km
投球割合 約15%
被打率 .500
 
常時150kmを超える4シームを中心に、右打者の外側にスライダー、左打者の外側にチェンジアップを見せるパターンで、非常にオーソドックスなタイプのピッチャーと言える。
 
「2017年阪神優勝の可能性は? 阪神ってどんなチーム? どの部分を改善すればいいの? 助っ人獲得? 若手強化?」
 
また、軸となる4シームの被打率は.091とメジャーでも十分通用していたのに対し、チェンジアップの被打率は.286、スライダーに至っては.500とかなり厳しい結果が出ている。
 
「中日が松坂大輔さんを獲得しなくてはならない理由。日本球界の功労者に対する敬意が足らんよ敬意が」
 
浅いカウントでは4シームにスライダーを織り交ぜながら追い込み、決め球のチェンジアップにつなぐ。
ところが、そのチェンジアップの精度があまり高くないため安打を許すケースが多い。
 
果たしてこれが日本でどうなるか。
カウント球のスライダーと決め球のチェンジアップ。この2つの球種がどれだけ機能するかが、モレノが活躍できるかの分かれ目になるのではないだろうか。
 
逆に4シームは確実に通用するはずで、思い切って4シームでゴリ押しするのも一つの手かもしれない。
 
「ヤクルトはなぜ弱くなったのか。2015年の優勝時と2017年では何が違ったのか。意外と球場にも原因があるかもよ?」
 

チェンジアップとスライダーはちょっと微妙かな。映像を観ても被打率通り。相応の精度の低さを感じる

まあ、数字ばかりを追いかけていてもアレなので、実際の試合を観た感想を。
 
2017年シーズンの登板をざっと眺めたのだが、ボチボチ数字通りかなぁいう印象である。
 
「中日松坂大輔さんが開幕ローテ決定的? らしいけど、オープン戦最終登板を観た感想を言っていくぞ」
 
一応申し上げておくと、4シームは間違いなくいい。
「ホップ型」と呼ばれる浮き上がる軌道で、ややシュート回転で右打者の胸元に食い込んでいくイメージ。
引っかけて大きく外角に逸れるシーンも散見されるが、壊滅的にコントロールが悪いというわけではない。
被打率.091が示すように、この球は普通に通用すると思う。
 
メジャーのマウンドとボールで平均153km超なら、日本では恐らく常時148、9~150前半。この球をゾーンに投げ込めれば、多少コントロールがアバウトでもある程度はやれるのではないか。
 
「目指せNPB! WBCで就活中の外国人選手たち。「日本でできれば最高」? でも、そんな甘いもんじゃないのだよ」
 
だが、チェンジアップとスライダーは、やはりちょっと怪しい。
チェンジアップは指にかかったときはいい変化をするが、その割合はあまり高くない。
1度フワッと浮き上がってドロンと沈むイメージで、打ち頃のゾーンにスーッと入ってくるので非常に危ない。
 
また、スライダーは縦系と横系の2種類があるようだが、どちらも飛び抜けたものは見受けられない。
縦のスライダーは膨らみが大きく変化もヌルい。平均140km以上とのことだが、それほどの脅威は感じないのが正直なところである。
横のスライダーは変化量が小さく、どちらかというとカッターに近い。この球はそこそこいいと思うのだが、縦スラに比べると使用頻度が低い。理由はわからない。
 
「SNSで上手にセルフブランディングしているスポーツ選手を挙げてみる。スターになるには試合で勝つだけじゃなく、注目を集める努力が必要なんやで」
 

ディエゴ・モレノの成績予想はロマン・メンデスのちょっと上くらい? マテオやドリスには及ばないと思う。まあ、僕の予想は当たらないけどね

僕の考える「日本で活躍できるリリーフの条件」として、「使える球種が2種類以上」というのがあると思っている。
 
そして、このディエゴ・モレノについてはちょっと微妙なところである。
 
同僚のマルコス・マテオや広島のジェイ・ジャクソンなどは、常時150kmを超える4シームと145km近い鬼スライダーをサイドから投じる。そのため、2種類の球種のゴリ押しでも十分やれている。
 
だが、今回のモレノは「いい」とはっきり言えるのは4シームのみ。
チェンジアップもスライダーも「ボチボチ」で、2mの上背があるわけでもない。
 
「片手間で成功したってええやん。楽して金稼いで何が悪い? 新庄「野球なんて、マジバイト」←ステキやんww」
 
バックアップ要員としての獲得には違いないが、このスペックでどこまでやれるか。
個人的なイメージとしては、ロマン・メンデスとどっこいどっこいか、少し上かな? といった感じである。
 
「2018年に横浜DeNAベイスターズがセリーグ優勝する理由」
 
成績については、だいたい防御率3.00~4.00くらいをマークすれば上出来だろうか(登板数が少ないと思うので、防御率が乱高下しそう)。
 
 
まあ、僕の予想は外れるのが定番なので、あまりアテにもならないのだが。
 
「阪神ロマン・メンデスはやれんのか? 2017年成績予想。守護神? 中継ぎ?」
 
去年も「ロマン・メンデスはそこそこやれるんじゃないか?」「広島のライアン・ブレイシアはなかなかいい」と予想して微妙だったし、一番期待していたDeNAのフィル・クラインはベースの上を球がちっとも通過しないまま、しれっと途中帰国してしまった。
 
「DeNAがフィル・クレイン(クライン)獲得発表。3Aで無双の2メートルはベイスターズでも成功できるか?」
 
逆に「コイツはアカンのちゃうか?」と思っていたDeNAのジョー・ウィーランドが、ベイスターズの助っ人史上初の二けた勝利を挙げるという。
 
逆張り野郎というか、我ながら見る目のなさに笑ってしまうww
 
「広島がライアン・ブレイザー(ブレイジア)獲得? バース(元日ハム)っぽいのかな? 強力リリーバーを得て連覇に突き進む!!」
 
なので、今回も「せいぜいがんばってくださいな。どうせ当たらないけど」という感じで、ゆる~く構えている次第である。
 
 
でも、またやりますけどね。楽しいから
 







自費出版 ブログランキングへ

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Amazonでも販売中です!!


上へ