Frentopia公式ブログ

大エース松坂大輔の復活。550日ぶりの一軍登板は5回3失点で初黒星。そんなことより中日がクッソ弱いんだがww【2018年4月5日】

趣味, 野球観戦, 雑談 | 2018年4月6日 | タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

フェンウェイパーク
2018年4月5日、プロ野球中日ドラゴンズの松坂大輔が本拠地で行われた巨人戦に先発。5回8安打3失点で負け手投手となった。
 
 
550日ぶりの一軍登板、12年ぶりの日本での先発登板となった松坂。
惜しくも白星は挙げられなかったが、力強い投球で周囲に復活を印象づけた。


初回は先頭打者立岡に内野安打を許し、1アウト1、3塁から4番ゲレーロにタイムリーを浴びて1失点。
三回にも四球と連打でノーアウト満塁とされ、失策も絡んで2失点。
四、五回も走者を背負う苦しい投球ながら、何とか無失点で切り抜ける。
 
5回8安打3四球3失点。96球を投げ、5奪三振。
この結果を受け、中日の森監督は6日の登録抹消を明言する。今後は肩の回復具合を見ながら登板日程を決めるとのこと。
 
「躍動する大谷翔平。「動く球を覚えるべき」でも「メジャー仕様にモデルチェンジしたから勝てた」んでもないと思うよ」
 

松坂が久しぶりの先発で黒星。ぼちぼち戦力になることを証明したよね

12年ぶりに日本での先発登板を果たした松坂大輔。
 
何度も申し上げているように僕は松坂大輔のファンで、昨年末に中日入団テストの噂が出て以来その動向を追い続けていた。
 
そして、ついに迎えた先発登板試合。
僕にとってはもはや国民的行事()と言ってもさしつかえないほどの一大イベントだったわけだが、結果的には全然悪くなかった
 
というより、キャンプからオープン戦を観て「だいたいこのくらいはやるかな?」と思っていた通りの内容だった。
 
5回3失点~6回4失点。
汗だくになりながらも何とか試合を壊さず、100球前後でリリーフにつなぐ。
打線が相手先発を打ち崩せれば勝ち。
仮に負けても、ある程度のイニングを食ってくれればOK。
 
「松坂大輔4241日ぶりの日本での勝利! ひゃっは~、たまらねえぜww ストレートの威力が戻った松坂が筒香と真っ向勝負」
 
ローテーション6番手、もしくは中10日で先発の谷間を埋めると考えれば必要十分な結果である。
今後の起用がどうなるかはわからないが、2018年の松坂がぼちぼち戦力になることは証明できたと思う(怪我さえなければ)。
 
「松坂大輔2018年成績予想。ついにこの季節がやってきました。ほら見ろ、松坂はすげえだろが。あ?」
 

投球内容はよかったんだけど、やっぱり球速がもう少しほしい。常時140kmが出れば一気に視界が開けるはず


また、実際の投球内容も普通によかったのではないか。
 
ストレートが138~142km前後。
そこに125~130km前後のスライダー、130km後半のカッター、ストレートと同じ球速帯のシュートを織り交ぜて芯を外し、110km台のカーブで緩急をつける。さらに、ときおり投げるチェンジアップで意表をつく。
 
打ちとった当たりがヒットになったり、守備が乱れたりと不運もあったが、投げている球はマジで悪くない。何度も言うように、先発6番手としては必要十分の出来である。
 
「中日松坂大輔さんが開幕ローテ決定的? らしいけど、オープン戦最終登板を観た感想を言っていくぞ」
 
ただ、やはりもう少しストレートの球速が欲しい。
何度も言っているように、松坂はストレートがあと1~2km球速アップすればだいぶ楽になると思う。
 
通常時で138、139km。力を入れて投げたときは141、142km。
これがアベレージで140km、MAXで144km前後まで達すれば。
 
現状、2ストライクまではいくのだが、そこからの決め球に苦心する姿が目立つ。
ファールで粘られるうちにカウントが悪くなり四球。もしくは甘く入った球をヒット。
1人の打者への球数がかさみ、結果的にリズムも悪くなる。
 
なので、ストレートの球速があと少し上がれば、恐らく空振りが増えて一気に楽になるはず。
まあ、手術明けの松坂にはそれが一番難しいのかもしれないが。
 
「中日ディロン・ジー獲得だっはー!! 先発不足のチームの救世主となるか。2018年の成績を予想してみる」
 
あとはやはりスタミナ面か。
これもオープン戦のときから思っていたのだが、今の松坂は60~70球を超えたあたりで球が抜け始める。左打者の外高めに大きく外れたり、引っかけてワンバウンドさせたり。
 
「大谷翔平の課題はスライダーかな。スプリットがダメ日は投げる球がなくなっちゃう。早急に球速をアップしてスラッター化したいね」
 
今回も4回から明らかに球威が落ちていたし、ラストの5回は無失点だったのが奇跡なくらい。
3年間怪我に苦しんだせいもあると思うが、このあたりのスタミナがもう少しつけば。
 
 
とまあ、全体的な感想としてはこんな感じ。
正直、生中継を観ていた際はいろいろな感情が沸き上がって冷静ではいられなかったww
 
「松坂大輔a.k.a.名古屋のBIG若旦那w 平成ラストイヤーにKNOCK OUTの狂乱も週末の誘惑も超えていけ」
 
だが一晩経って観直したところ、「うん、まあまあですね松坂」「でも、いろいろな部分があとちょっとだなぁ」などと思った次第である。
 
「阪神ディエゴ・モレノ誕生。150km右腕が日本で活躍できるかを予想してみる。田中マー君とも同僚だったんだってさ」
 

中日がめっちゃくちゃ弱いんだが。いや、わかってたけどさ……。ヤクルトが意外に強くて驚いている

ところで、中日がなかなか弱い件。
 
今シーズン、僕は中日を応援すると宣言しておいてアレだが、早くも心が折れかかっているww
 
キャンプから中日関連の記事や番組を漁り、その先々で聞いたのが「今年は違う」という言葉。
松坂の加入で報道陣が倍増し、それが他の選手たちにも好影響を与えたとかなんとか。
 
「松坂大輔の熱い123球に感動ww やっぱりすげえわコイツ。あの空気感を出せるのは選ばれた選手だけ」
 
これを聞いて僕が思ったのが、
「安心しろ。別に変わってないから」
 
松坂の加入を2015年の広島黒田博樹のケースに例えている記事も見たが、いやいや、違うから。
広島はもともと戦力が充実してたから。
そこにプラスアルファとして黒田が加わったって話だから。
 
戦力が微妙な中日に多少プラスアルファがあっても、大勢に影響ないから。
 
「中日が松坂大輔さんを獲得しなくてはならない理由。日本球界の功労者に対する敬意が足らんよ敬意が」
 
開幕2カード目を終えたところでのセリーグ6球団の印象をざっと申し上げると、
 
広島:強いと思ったらやっぱり強い。投手運用は相変わらず雑
巨人:まあまあ強い。岡本の成長と上原の加入が大きい
阪神:ぼちぼち強い。今年もリリーフ王国と守備難
DeNA:たぶん強い。投手陣はいいけど貧打が深刻
ヤクルト:意外と強い。青木の加入で打線はいい
中日:弱いと思ったらやっぱり弱い。とにかく先発陣ががが
 
中でもちょっと意表をつかれたのがヤクルト。
2017年に96敗を喫し、今年も中日と並んでBクラス予想が多い中、実は言うほど悪くない
 
打線は青木宣親の加入と川端、畠山の復帰で厚みを増し、バレンティンも調子がよく破壊力満点である。
マジな話、なぜ村田修一をスルーしたのかが謎で仕方ない。この布陣にサードとファーストのバックアップ兼右の代打として村田が加われば、広島をしのぐ重量打線が完成したと思うのだが。
 
「2018年プロ野球FA、移籍市場がちょっとおもしろいw シーズンはグダグダだったけど。虎の恋人はいまだ現れず」
 
また、懸念されていた投手陣も案外いける。
頭数不足は否めないものの、ストレートに力のある選手が多い。オリックスから移籍した近藤一樹を便利使いしつつ、中尾あたりが覚醒すればマジでCS争いくらいはあるかもしれない。
 
「サッカー日本代表がコロンビアにジャイアント・キリング!! MOMは柴崎岳で異論ないよな? スキャンダルは注目を集めるには最高」
 

松坂大輔とかいう大エースww おい急げ。シーズンが終わっちまうぞ。今すぐ松坂中心のローテーションを組み直せww

対する中日はとにかく先発陣がアレ過ぎて……。
 
開幕6試合を終えた先発6人の成績が、
 
小笠原:6回112球、自責点5。防御率7.50
ジー:6回95球、自責点5。防御率7.50
笠原:6回98球、自責点4。防御率6.00
柳:3.2回77球、自責点4。防御率9.82
ガルシア:6回104球、自責点1。防御率1.50
松坂:5回96球、自責点2。防御率3.60
 
え~~っと……。
 
松坂が2番手なんですが?
 
確か上の方で、
「5回100球3失点なら先発6番手としては必要十分」
「中10日の先発の谷間と考えれば戦力になれる」
とかほざいてなかったか?
 
アイツは何を血迷ってんだ?
 
ぼちぼち戦力になるどころの話じゃねえww
 
大エースじゃねえかww
 
次回登板の結果次第で松坂のローテーション入りを判断するとの報道があったが、いや急げww
悠長なことを言ってる場合じゃない。
中10日なんて待ってたら、シーズンが終わっちまうぞww
 
「2018年に横浜DeNAベイスターズがセリーグ優勝する理由」
 
もう、リアルにこんな感じだから参ってしまう。
又吉、鈴木博志、田島の後ろ3人はいいし、祖父江や伊藤、岩瀬もまあ、悪くない。
うまく運用すれば、中日のリリーフ陣は決して他球団にひけはとらない(谷元がアカンくらいで)。
 
先発6番手で5回3失点、6回4失点なら及第点とは言ったが、全員が6番手レベルだとは聞いてないぞww
 

 

 

自費出版 ブログランキングへ
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ アメフト サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

Amazonでも販売中です!!


上へ