Frentopia公式ブログ

松坂大輔の熱い123球に感動ww やっぱりすげえわコイツ。あの空気感を出せるのは選ばれた選手だけ【2018.4.18感想】

趣味, 野球観戦, 雑談 | 2018年4月20日 | タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

ボールイメージ
2018年4月20日、中日ドラゴンズの松坂大輔投手が本拠地ナゴヤドームで阪神タイガース戦に先発。7回4安打2失点(自責点1)、123球2奪三振の力投を見せたが打線が沈黙。1-2で敗れ、4月5日の巨人戦に続いて開幕2連敗となった。
 
 
5回で96球を要した前回と違い、制球面での安定を見せた松坂。
同点の4回に自身のエラーも絡んで逆転を許すが、何とか最少失点で切り抜ける。
 
「松坂大輔a.k.a.名古屋のBIG若旦那w 平成ラストイヤーにKNOCK OUTの狂乱も週末の誘惑も超えていけ」
 
そして、7回のマウンドへ上がった時点ですでに101球。
2アウト満塁の大ピンチを迎えるが、打者上本をカッターで三振に仕留めてピンチを乗り切る。
スタンドのファンから大歓声を浴び、マウンドを降りる。
 
惜しくも勝利を逃したものの、十分戦力になれることも証明した123球だった。
 
なお、次回登板は4月30日のDeNA戦が予定されているとのこと。
 
「大谷翔平の課題はスライダーかな。早急に球速をアップしてスラッター化したいね」
 

松坂熱投!! 言いたいことはいろいろあるけど、今日はナイスピッチングでいいでしょ

中日ドラゴンズの松坂大輔が、今シーズン2度目の先発マウンドに上がった。
 
7回を投げて4安打2失点。
123球の力投を見せたものの、惜しくも初勝利はならず。
チームも泥沼の5連敗。主砲のビシエドが帰国するなど、厳しい状況が続いている。
 
などと冷静に言っているが、実際はめちゃくちゃヤバかったww
前回も申し上げたように、松坂の試合は冷静に観られないことが多いのだが、この日は特にアカンww
 
「大エース松坂大輔の復活。550日ぶりの一軍登板は5回3失点で初黒星。そんなことより中日がクッソ弱いんだがww」
 
本来は6回での交代が正解だったとは思うが、それはそれ。
 
中日の打線がしょっぱいとか、投手運用が救いようのないレベルで雑だとか、言いたいことは山ほどある。
 
ただ、今回に限ってはもういいや。
松坂大輔の熱さが、諸々のすべてを吹き飛ばしてくれた。
 
ええ。
やっぱり松坂は松坂ですよww
 

制球がまとまれば、今年の松坂はこのくらいはやるよね。でも、やっぱり球速はあと1kmくらい欲しいかな


全体的な感想としては、
「まともにストライクが入れば、松坂はこのくらいはやるかな」と。
 
キャンプのときから申し上げているように、今シーズンの松坂は「ぼちぼち」いい。
ある程度ストライクゾーンにボールが集まれば、そこそこ抑えられるのではないか。ランナーを出しつつ、だいたい6回3~4失点くらい。
 
オープン戦から制球が定まらずに苦労していたが、何だかんだで試合は壊していない。
前回登板もフラフラしつつも5回93球3失点。先発6番手としては必要十分な結果である。
 
「松坂大輔2018年成績予想。ついにこの季節がやってきました。ほら見ろ、松坂はすげえだろが。あ?」
 
そして、今回はある程度制球がまとまっていたので、四球も少なく長い回を投げられた。
 
でも、やっぱりもう少し球速が出るといいよね。
ストレートがあと1km速ければ、一気に楽になるよね。
 
そんな感じの感想である。
 

カッターとチェンジアップ使いの松坂大輔。ストレートとスライダーのイメージが強いけど

今回のピッチングを観て改めて思ったのが、やっぱり松坂のカッターはいい
 
松坂と言えばスライダーとストレートのイメージが強いと思うが、実はカッターを得意としている。
今回も全投球の25%近くをカッターが占め、完全に投球の軸として使っていた。
 
右打者の外側にカッターを見せ、同じコースからスライダーをさらに外に曲げて引っかけさせる。
また、右打者の内側からフロントドア気味の見せ球でのけぞらせ、外側のカッターで空振りを奪う。
 
元広島カープの前田智徳が「カッターで打たせてとるのは松坂の新しいスタイル」などとドヤっていたが、彼はいったい何を言っているのか。
 
松坂のカッターがいいのは昔からだし、MLB時代も普通に使っていた。
以前から申し上げているように、カッターをあれだけ自在に操るピッチャーは日本では珍しいくらい。
 
そして、カッターと同じくらいいいのがチェンジアップ
左打者の内側からフロントドア気味にゾーンに侵入し、加速するように沈む。イメージ的にはスライダーの逆の軌道と言えばいいか。
使用頻度は低いが、実はめちゃくちゃ打ちにくい球である。
 
MLB時代も「あれだけチェンジアップがいいのに、なぜ使わないのか」と言われていたくらいで、割とガチでもっと使えばいいのにと思う。
 
「松坂大輔復活!! 去年よりも状態はよかったんちゃいます? 僕の2019年プロ野球がようやく開幕したぜw」
 
右打者にはこれまで通り内外のカッターとスライダーで攻める。
左打者には外側からのスライダー、カッターを見せつつ、外に落ちるチェンジアップで勝負。
チェンジアップの頻度を増やせば、まだまだピッチングが向上するんじゃないの? とすら思うのだが。
 

7回のピッチングは痺れたよね。あの空気感を出せるのが平成の怪物ですよ

とはいえ、今回は何と言っても7回。
 
 
ピンチを迎え、マウンドで足を気にするしぐさを見せる松坂。
だが、様子を見にベンチを出た朝倉コーチを静止する。
 
続投。
その姿に、ナゴヤドームのファンから歓声が起こる。
 
続く梅野に初球をセンター前に運ばれ、2アウト満塁。
ボールを受け取り、マウンドに戻る背番号99。
 
「史上まれに見る酷い日本シリーズ。ソフトバンクがクソ采配の広島を下して2年連続日本一。クソの最上級」
 
もうヤバいww
すべてがカッチョいいww
 
どんな場面でも絵になる男。
それが平成の怪物・松坂大輔ww
 
そして、ハイライトは2アウト満塁で代打上本から空振り三振を奪ったシーン。
アレはホントに痺れた。
 
カウント2-1からの3球目。
137kmの内側のカッターでファール。
再び沸き上がるナゴヤドーム。
 
鳴りやまない拍手の中、2-2からの勝負球。
外側に逃げる134kmのカッターで空振り三振!!
 
右手で小さくガッツポーズを作り、グラブをポンと叩いてマウンドを降りる松坂。
この日一番の大歓声を背に、悠然とベンチに戻る。
 
すげえww
マジですげえww
 
一瞬で球場の雰囲気を変える空気感。
これこそが、一握りの選手だけに許された領域である。
 

大西宏明がまさかの名言。意表をつかれ過ぎてビックラコイタww

そうなんすよ。
どれだけ情けない姿を見せても、これがあるから松坂に期待しちゃうんですよ。
 
ソフトバンクでの3年間で一軍登板1試合。
こんな有り様でも松坂に人が群がるのは、あの“空気感”があるからなんですよ。


何度も言うように理屈じゃない。
他の追随を許さない求心力こそが、松坂大輔ですよ。
 
と思ったら、意表をついてすげえおもしろい記事があった。


大西、お前ww
何をサラッと名言残してんだよww
 
「あいつは、負けてはいけない存在なんです。それは『松坂大輔』でいることなんです」
「彼で、人生を左右された人間、僕らの世代にはいっぱいいます。」
 
おいおい、サイコーかよww
大西宏明のクセにやるじゃねえか(暴言)。
 
「見たか貴様らww これが松坂大輔さんだよww そこにいるだけで人が群がるカリスマ性、佇まいが絵になる男が中日合格」
 
とりあえず「つった感じになった」という左足をケアして、次回登板もがんばってもらいたいですね。
 

 

 

自費出版 ブログランキングへ
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Amazonでも販売中です!!


上へ