Frentopia公式ブログ

阪神の新外国人、守護神マテオの2016年の成績を予想する【当たり外人確定? それともハズレ?】

趣味, 野球観戦, 雑談 | 2015年12月21日 | タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

空と大地
虎の新守護神マルコス・マテオ、阪神入団間近?

阪神と大筋で入団が合意しているマルコス・マテオ投手の入団が間近だ。2015年12月21日にアメリカ・シカゴで身体検査を受け、問題がなければ正式契約の運びとのことである。

2016年シーズンの新守護神として期待がかかるマテオ投手については前回の記事で触れたところである。

「阪神マテオ獲得? 新守護神候補にパドレスから156kmの剛腕の名前が挙がる」

だが、個人的にこのピッチャーは中継ぎで使う方がいいのではないかと思った手前、具体的な数字の予想をするのを控えていた。

「プロ野球開幕!! 俺的阪神戦力分析&セリーグ順位予想!! 金本阪神超変革は成功するのか?」

ただ、今回正式契約間近の報道が出たことで、ほぼ阪神入団は確定したと言ってもよさそうである。さらにやる気満々の本人のインタビュー記事も掲載されたので、2016年の守護神はマテオでいくと考えて間違いないだろう。

虎の守護神候補・マテオが豪語「キャンプ初日から投げられるぜ!」

というわけで、阪神に入団するマルコス・マテオ投手の2016年シーズンの成績を改めて予想してみようと思う。

マテオの1年目の成績予想

まず最初に2016年シーズンの成績予想から申し上げておくと、

34試合2勝5敗21S 防御率3.31

1年間クローザーで固定されたと仮定して、大体このくらいの数字予想でいこうと思う。

まあ固定といってもずっと一軍にいるわけではなく、梅雨前に救援失敗が重なって一度ファームに落ち、2~3週間後にある程度安定して戻ってくるというパターンを予想している。

開幕直後は力のあるストレートとスライダーのコンビネーションでそこそこ抑えるものの、5月後半あたりから徐々に打たれ始めて6月半ばにいったん再調整を命じられるという流れである。

再調整を終えてファームから戻ってからはまあまあのピッチングを披露するものの、シーズン前半の連続救援失敗が響いての成績である。

「阪神順位予想2016!! やれんのか阪神? 開幕オーダー予想も含め、2016年の金本阪神はどれだけできるのか」

2年目の契約があるかは非常に微妙なところだが、シーズン後半から成績を上げた部分で期待値を込めての再契約という流れが理想だろうか。

「藤川球児は死なず。聖地に神が舞い降りた夜」

マルコス・マテオが日本で守護神として活躍するには


僕の「藤川球児クローザー、マルコス・マテオ中継ぎ」案を壮絶に却下してマテオにクローザーを任せるのだから、やはり彼には活躍してもらわなくては困る。

「藤川球児はまだ使える? 阪神復帰で活躍はできるのか?」

では、マテオが日本にうまく適応してそれなりの数字を残すにはどうすればよいだろうか。それはやはり左打者をいかに抑えるかにかかっているとしか言いようがない。

先日の記事でも申し上げた通り、2015年のメジャーでの数字を見ると対右打者の防御率が3.24に対して、対左打者の防御率が5.23とほぼ2点ほど高くなっている。
さらに2014年のAAAでの成績を調べると、対右打者の防御率が2.18と優秀な数字を残しているのに対して、対左打者の防御率は5.94という散々な結果である。

実際の投球映像を見ても、左打者の外角へ逃げていく球種がないためにピッチングが単調になっていることがわかる。
特に投げそこないのスライダーは打ち頃で、中途半端に高めに抜けたボールを左打者に引っ張られるシーンは多い。
ドミニカで行われているウィンターリーグでDeNAの筒香がマテオからヒットを打ったという報道が出ていたが、それも甘く入ったスライダーをとらえてのものだったようである。

「野球は長い。5回にしろ(松本人志)それいいかも(上原浩治)」

マテオの課題はどう考えても左打者。明白すぎるほど明白だ。
逆にそれさえ克服できればかなり活躍できる可能性は高いのではないだろうか。

ストレート中心の配球に切り替えられるか

マテオが日本にうまく適応できるかは、左打者をいかに抑えられるかにかかっていると言ったが、それにはやはりストレート中心の配球に変更できるかではないかと思う。

「野球賭博、声出し金銭授受、敗退行為。アホらしいったらありゃしない」

前回も申し上げたが、マテオのスライダーは曲がりが鋭くそこそこスピードもある。うまく決まれば効果的な球だが、その反面制御しにくい部分もある。
調子の悪い日は指に引っかけてまったくゾーンにいかないことが多く、高めに甘く入れば左打者にとっては絶好球になりやすい。

今のスライダーとストレートが半々くらいの配球だと、うまく見極められて甘いスライダーを狙い打ちされてしまうのではないだろうか。もしくはファールで粘られてフォアボール連発というパターンか。

2015年の球種別被安打率は、
ストレート:.205
スライダー:.209

となっており、両方の球種とも被安打率2割台前半と決して悪い数字ではない。コースさえ間違わなければマテオのスライダーは効果的な球であることは間違いないはずで、なおさら左打者には制御がしやすいストレートの割合を増やすべきではないかと思う。

あのスライダーが常に左打者の膝もとに決まっていれば完全に無敵なのだが、さすがにそこまで求めるのは酷だろう。しかもマテオのスライダーは好不調の波が激しく、日によってかなりキレが変わる。基本的にスライダー頼みの投球は避けるべきだと思う。

「鳥谷敬がヤバい? 守備、打撃調子が上がらず批判の的に?」

マテオのストレートは呉昇桓ほどの威力はない。そしてメッセンジャーほどの角度のある球でもない。シーズン通して力勝負一辺倒でねじ伏せられるほどの球威ではないことは確かだろう。
だが日本の打者、特にセリーグは小粒な打者が多いので、マテオのストレートはある程度は通用する。目の覚めるような活躍はできないまでも、スライダーで目先を変えながらのピッチングをすればそこそこ抑えられるのではないだろうか。あの浮き上がるようなストレートが左打者のインハイに決まればそうは打たれないはずである。

問題はその球が常時投げられるかだが、最終回限定のクローザーということであれば連投による疲れもそこまで心配する必要はない。疲れが溜まって球威が極端に低下することもないだろう。

「阪神、ドリス獲得? 来季守護神はダブルストッパー? デトロイト支部からクローザー候補強奪キター!!」

まあ、本当は中継ぎで「右打者絶対抑えるマン」として起用するのが一番いいと思っているのだが。



報道やインタビュー記事を見る限り、やる気満々で日本に来るようなのでぜひともがんばってもらいたい。そして、シーズン終了後に「完全に見誤っておりました」と謝罪記事を書かなくてはいけないくらいの活躍を見せてほしいものである。







自費出版 ブログランキングへ

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Amazonでも販売中です!!


上へ