Frentopia公式ブログ

マニー・ラミレス日本プロ野球(NPB)移籍の可能性? 実は一番需要があるのが西武じゃないの?

趣味, 野球観戦, 雑談 | 2017年5月2日 | タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

フェンウェイパーク
マニー・ラミレス(1972年5月30日、ドミニカ共和国生まれ)
MLBボストン・レッドソックスやロサンゼルス・ドジャースで活躍(最高年俸約22億円)。現在は日本の独立リーグである四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに所属している。
また2007年、レッドソックスのワールドシリーズ制覇にも貢献し、2008年途中にドジャースに移籍するまで日本の松坂大輔や岡島秀樹とも同僚だった選手である。
 
MLB通算成績は555本塁打、打率.312、OPS.966。
特に出塁率と長打率を足したOPS.966は別格で、8.0を超えれば優秀な打者だと言われる中でずば抜けた数字を残した打者である(長打が多く、選球眼もいい)。
 
だが、チームメイトと小競り合いを起こしたり、公にチームを批判したりと問題行動が多いことでも知られている。また2009、2011年に禁止薬物使用が発覚して出場停止処分を命じられた経験もある。
 
すばらしい選手には違いないが、ムラも多い問題児。
それがMLB時代のマニー・ラミレスのイメージである。
 
「もっと騒がれていい田中マー君のすごさ。今シーズンはマジでサイヤング賞推しメンです」
 
現在、高知ファイティングドッグスでプレーしているラミレス。
先日出演したフジテレビ「HERO’S」内でも公言したNPB入りの希望はかなうのだろうか。
 


なお、高知ファイティングドッグスとの契約は、NPBへの移籍期限となる7月まで(四国アイランドリーグplusの前期シーズンは5月まで)であることが公表されている。
 
「松坂大輔さんの2017年成績予想【定例報告】オープン戦ラスト登板で広島を相手に7回無安打無失点」
 

全盛期はマジの化け物でした。こんなカッコいいモン見せられたら、そりゃ惚れますよww

NPB入りを目指して高知ファイティングドッグスでプレーを続けるマニー・ラミレス。
この選手が現役復帰を果たし、日本の独立リーグでプレーすると聞いたときは「まさかww」と思っていたが、本当に実現するとは。
 
しかも、そこそこマジでNPB入りを目指しているとのこと。
どうなるかはわからないが、もし実現すればこの上ないロマンである。
 
 
上述の通り、マニー・ラミレスと言えばMLB移籍当時の松坂大輔の同僚であり、名実ともにメジャーを代表する大打者でもある。
 
全盛期のすごさはまさに神がかり的。
MLBにそこまで詳しくない僕でも、この選手のすごさは認識していたほどである。
 
もうカッチョよすぎるでしょ↓

 

 

高い位置でグリップを置き、トップを早めに作る構え。
インサイドアウトのスイング軌道。
大きなフォロースルー。
そして、最後の確信歩き。
 
何から何まで天性のホームランアーティスト過ぎて、おしっこを漏らしそうになるww
 
この選手が今は日本の独立リーグでプレーし、なおかつNPB入りを目指しているのだからたまらない。実を言うと、ここ最近の僕はNPBの試合と同時並行でマニー・ラミレスの動向を追いかけている次第である。
 
「阪神香田がヤバい。香田勲男容疑者52歳。職業:2017年阪神無能投手コーチ兼投手陣崩壊担当」
 

マニー・ラミレスの需要があるのは西武ライオンズ。DHが埋まっておらず、外国人枠に空きがあるチーム


前置きが長くなってしまったが、やっと本題である。
果たしてNPBに今のマニー・ラミレスを獲得しようという球団はあるのか。チーム状況を鑑みて、ラミレスの需要がある球団はどこか。
 
結論から申し上げると、マニー・ラミレスの需要があるのは西武ライオンズではないかと思う。
 
とりあえず、今のラミレスはDH専門であるためセリーグはない。あるとすればパリーグである。
そして、たびたび獲得の可能性があるとして名前が挙がる楽天とロッテ。
 
まず楽天にはすでにウィーラー、アマダー、ペゲーロの3人が一軍で活躍しており、基本的にはアマダーがDHに座っている。外国人枠もハーマンを入れて4枠すべてが埋まっているため、ラミレス獲得はないと考えてよさそうである。
 
さらにロッテだが、このチームは現在極度の打撃不振(チーム打率.186でパリーグ6位)にあえいでいる。なおかつダフィーとパラデスの新外国人も二軍落ち。外国人枠もスタンリッジのみで、枠の問題もない。
 
一見ラミレスの需要がありそうに思えるが、実はそうでもない。このチームには福浦と井口という大ベテランがおり、両者がすでにDH枠を埋めている。
もちろんこの両者よりも打てれば可能性はある。だが、2014年に楽天を退団したアンドリュー・ジョーンズ獲得を見送ったことを考えると、現段階では期待薄である。
 
その他の球団を見ると、
ソフトバンクはすでにデスパイネがDHで機能している。
日ハムは二刀流大谷翔平のためにDHは開けておかなくてはならない。
オリックスにはDH専門となったことで打撃が復活した中島がいる。また怪我で離脱したロメロが復活すれば、両者が併用されることになるのだろう。
 
 
となると、残るは西武のみ。
一応ロッテも獲得候補として残るものの、それ以上にラミレスを必要としているのはやはり西武である。
 
「目指せNPB! WBCで就活中の外国人選手たち。「日本でできれば最高」? でも、そんな甘いもんじゃないのだよ」
 

DHにろくな選手がいない。彼らよりも打てれば十分ラミレス獲得はあり得る?

今シーズン、4月30日までに23試合を終えた西武が指名打者として起用した選手は、
 
栗山7試合
渡辺直4試合
山川6試合
メヒア4試合
中村2試合
 
である。
 
開幕直後は栗山でスタートしたものの低迷、期待の山川にチャンスが巡ってくるもこちらも低迷。直近ではベテランの渡辺直とメヒア、中村が交代で務めている状況である。
 
当初の目論みとしては、栗山を中心に考えつつ山川に適度にチャンスを与える。その上で調子を見ながらメヒア、中村の守備の負担を軽減させる考えだったのだろう。
 
だが栗山と山川が揃って低迷したため、急遽渡辺直をDH起用せざるを得なくなり、予定よりも打線全体の破壊力が上がっていない(チーム打率.254でパリーグ4位)。
 
 
なお、ここまで指名打者を務めた選手の成績は、
 
栗山 15試合 打数37 打率.243 HR1 打点6
渡辺直 8試合 打数21 打率.286 HR0 打点0
山川 12試合 打数35 打率.111 HR2 打点5
 
見ての通り、レギュラーであるメヒアと中村を除くと散々な有様である。
15試合で打率.243、HR1の栗山が一番マシだが、最近は代打での起用。
山川は栗山に継ぐ打数を与えられているが、打率.111では話にならない。
ベテラン渡辺直は打率こそ高いが、HR、打点ともにいまだ0。主に中村、メヒアの後の6番を打つ選手としては完全に役不足である。
 
というか、渡辺直ってDHなの?
確か「守備の人」とか言われてなかったっけ?
衰えたもんだなぁ。
 
「2017年マエケンがやばい? 不調? 開幕2戦目に負け投手。今シーズンは苦労するかも?」
 

年俸2000万円、実働2ヶ月、話題性抜群の44歳を獲得する価値はあるか?

そして、彼ら3人の年俸(推定)は、
 
栗山 1億9000万円
渡辺直 5000万円
山川 1600万円
 
つまり、西武がマニー・ラミレスを獲得するか否かは、彼ら3人の成績を上回れるかどうか。
たとえば昨シーズン途中で加入したブライアン・ウルフの年俸が1500万円。選手の格は段違いだが、44歳という年齢を考えればこの金額を大幅に上回ることはないと判断して、2000万円とする。
 
・遅くとも8〜9月の約2ヶ月間で2000万円
・外国人枠を1枠
・役割はDH専門、または代打の切り札
・フル出場は厳しいが、その分をメヒアと中村を併用する
・話題性は抜群
 
山川や渡辺直よりも多少はマシだと仮定して、果たして欲しいと思えるかどうか。優勝争いをする上で、チーム状況やファンの声を鑑みて、費用対効果でプラスになると判断できるか。
 
ちなみに現状、西武の外国人枠については問題ない。
メヒア、ウルフ、シュリッターが一軍で起用されており、キャンデラリオとガルゼスは出番が回ってきていない。近々キャンデラリオに登板機会が与えられるとのことだが、もしダメなら再び二軍行きが待っている可能性が高い。
つまり、一応最後の1枠は空いている状態である。
 
どうだろうか。
チーム打率.186で助っ人も全滅だが、DH枠をレジェンドが埋めるロッテと、DHにろくな選手がおらず枠も空いている西武。
獲得があるとしたら、この2球団のどちらかだというのは間違いなさそうである。
 
そして、中でもマニー・ラミレス獲得の可能性が高いのは西武ではないかと思うのだが。
 
あとは、過去に2度も禁止薬物使用で出場停止を食らった選手を獲得したいか。西武が世間的なイメージとマニー・ラミレスの話題性、どちらを選択するかである。
 
「大谷165kmキター!! 大谷のストレートの質が悪い? ファールされる160kmより空振りが取れる140kmの方が上? そうなの?」
 

正直、難しいとは思う。難しいとは思うが、僕はマニー・ラミレスでワクワクしたいww

まあ本音を言うと、マニー・ラミレスが期限内にNPBの球団と契約するのは難しい
過去にどれだけの実績があろうが、44歳で最後にプレーしたのが2013年という選手を獲得する球団はまずないと言っていい。
 
だが、それでも僕はやっぱりマニー・ラミレスをNPBで観てみたいww
 
この全盛期と変わらぬ打撃フォームを見たら、そりゃあワクワクしますよ。ええ。

話題優先でも何でもいいから、ぜひともマニー・ラミレスに手を出す球団が現れて欲しいものである。
 
好き勝手言ってますけどね。
 

 

 

自費出版 ブログランキングへ
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Amazonでも販売中です!!


上へ