Frentopia公式ブログ

日本は奇跡ではなく、アイルランドに勝つべくして勝った。ここまで作戦がすべてハマるとは…!!【2019.9.28ラグビーW杯】

趣味, 雑談 | 2019年9月28日 | タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

ラグビースタジアムイメージ
2019年9月28日、静岡エコパスタジアムで行われたラグビーW杯。1次リーグA組2戦目の日本代表が世界ランキング2位のアイルランド代表と対戦。19-12で勝利し、前回大会の南アフリカ戦に続く大金星を挙げた。


開始直後から多彩なキックを使ったアイルランドの外展開に苦しめられる日本。ランプレーで2トライを奪われるなど、9-12の3点ビハインドで前半を折り返す。
 
だが、後半に入ると日本はボール支配率を高め、アイルランドディフェンスを圧倒。
後半19分に怪我から復帰した福岡がトライを奪い、逆転に成功する。田村のコンバージョンゴールも決まり、16-12とこの試合初めてリードを奪う。
 
その後もアイルランドの攻撃を的確なディフェンスで止め続けた日本は31分にとどめのPGを田村が決め、19-12とリードしそのまま勝利。
 
目標とする予選突破、ベスト8に向け、最高の勝利を挙げた。

 
「今の日本は強い」マニアもニワカもそうでない人も一緒に。日本がスコットランドを下し初のベスト8」
 

日本がアイルランドに勝っただと…!? 10-35で負けるとかほざいたことを全力で謝罪しますw

まず、何よりすごかった。
まさかあのアイルランドに勝つとは。
 
僕自身、日本を応援していることは間違いないが、さすがにスコットランド戦でのアイルランドの試合運びを見せられた上で「日本が勝てる」とは言いにくい。むしろこの試合は温存して、サモア戦、スコットランド戦にすべてを賭けてもいいとすら思っていた。
 
勝敗予想としては、10-35or13-40くらいでアイルランドの勝利。日本は何とか1トライでも取って意地を見せられればいいんじゃない?
 
こんなクソ予想をぶち上げたことを全力で謝罪させていただきたいww
 
「日本は南アフリカにどうやって勝てばいいの? 高速タックルとグラバーキックで4年前の再現を目指すしかないか?」
 

日本が勝つにはこれしかないという作戦がすべてハマった。ロースコアの接戦に持ち込んでの後半勝負


具体的な勝因についてだが、今回は日本の作戦がすべてハマった試合だったと思う。
 
予想記事で申し上げた通り、この試合で日本が勝つには
 
・とにかくロースコアでの後半勝負
・ハイテンポでアイルランドのディフェンスを崩す
・PGを重ねて最少得点差で食らいつき、ラストの1トライでまくる
・日本が勝つとすれば13-10くらい?
 
そして、アイルランドはディフェンスの意思疎通がしっかりしている分、ラインの裏にスペースができやすい。ここにショートパントを上げてターンオーバーを狙うのがいいのではないか。
だいたいこんな感じの予想をしていた次第である。
 
「日本vsアイルランド予想。日本がこいつらに勝つには? とにかくロースコアでリズムを崩すしかなさそう?」


で、結果的には19-12で日本の勝利。
前半のアイルランドを2トライ1ゴールの12点に抑え、PG3本で食らいつく。
後半19分の外展開でトライを挙げて逆転、さらにPGで突き放して勝利。
 
・日本:1トライ1ゴール、4PG→19点
・アイルランド:2トライ1ゴール→12点
 
まさにゲームプラン通りの勝利だったのではないか。
 

ハイテンポな球出しに加え、アングルチェンジによるゲインライン突破が効いた

また個人的に驚いたのが、日本のアングルを変えた攻撃がことごとく成功していたこと。
 
アイルランドのディフェンスはハイテンポな連続攻撃にはやや脆いが、全員の統制が取れているせいでめちゃくちゃ手強い。
 
だが、今回の日本チームはあえて密集に突っ込むことで、アイルランドのディフェンスを崩すことに成功していた。
 
アイルランドの選手は一度寝てから起き上がるまでが早く、どれだけフェーズを重ねてもディフェンスが薄くならないのが最大の特徴。勢いに任せて順目に攻めているだけではなかなかチャンスが生まれない。
 
「ラグビーW杯2019南アフリカ優勝。タックル、セットプレー、モール。南アフリカの持ち味がイングランドをノートライに封じる」
 
申し上げたようにアイルランドは統制が取れている分裏のスペースができやすく、僕としてはそこにキックを蹴り込むのが狙い目だと思っていた。
 
ただ、今回の日本はそんなギャンブルには出ず、アングルチェンジによるラン攻撃によって勝機を見出した。
アイルランドは全員が一斉にまっすぐ出てくる分、急な横の動きは対応しにくい。そこを突いてディフェンスを崩し、さらに解説者も言っていたようにあえて人数の多い方を攻めることで一方のサイドに人数を集中させる。
 
日本はこの流れで何度もゲインラインを突破し、アイルランドのディフェンスを後手に回らせた。
 
ディフェンスで押され続ければペナルティを犯す危険が増し、必然的にPGを狙うチャンスも多くなる。
繰り返しになるが、今回はまさしく日本のゲームプラン通りの試合だった。
 

勝負どころでのプレーをことごとく成功させたことが最大の勝因。自陣ゴール前を防いで勝利を決定づけた

そして、もっとも大きな勝因だと思っているのが勝負どころのプレーをことごとく成功させたこと。
 
具体的には、
・アイルランドを2トライに抑えたこと
・後半、先に得点を挙げたこと
・後半25分の自陣ゴール前を防いだこと
この3つである。
 
まず最初の「アイルランドを2トライに抑えたこと」については、そのままの意味。
ロースコアでの後半勝負を挑むには、日本が取られていいのは2トライまで。それを前半の20分過ぎまでに許してしまったわけだが、それ以降の日本はアイルランドを無得点に抑えている。
 
ポゼッションを高め、セットプレーを安定させ、絶えずゲインラインを切り続ける。これが後半の逆転につながったことは間違いない。
 
 
2つ目の「後半、先に得点を挙げたこと」
これはこの試合に勝つための絶対条件とも言えるもので、PGでも何でもいいからとにかく後半はアイルランドよりも先に得点することが必須だった。
 
しかもトライを挙げたのが怪我から復帰の福岡というのも大きい。アイルランドの鉄壁のディフェンスを突破したことに加え、エースが結果を出したことがより一層チームを勢いづけたのではないか。
 
 
そして3つ目の「後半25分の自陣ゴール前を防いだこと」は、勝利を決定づける最高のプレーだったと思っている。
 
後半22分過ぎからアイルランドが怒涛の攻めでフェーズ14を重ね、5m付近でのラインアウトからのフォワード戦でさらにフェーズ8を重ねる。
だが、日本はスピーディで低いタックルと集散の早さでゲインを切らせず、アイルランドに決定機を与えない。最後の最後にボールに絡んでノットリリースザボールを誘い、ペナルティキックでピンチを脱出。
 
あの攻撃を防がれたことでアイルランドは激しく消耗し、攻撃の糸口をつかめないまま試合終了。
誇張でも何でもなく、あのプレー以降のアイルランドのオフェンスはガタガタだった。何度か自陣深くまで攻められるシーンもあったが、危ない感じはまったくせず。
 
まさしく勝利を決定づけるディフェンスである。
 
「日本vs南アフリカ感想。先にバテたのが日本だったな。自陣にくぎ付けにされたのが…。田村負傷、姫野通用せず」
 

アイルランドの下位互換からの脱却。日本は強いと言い続けた分際で勝利を信じられなかった自分を恥じたいw

いや、しかし。
何度も言うが、本当にすごい試合だった。
 
これまで日本は国際試合でアイルランドに勝利したことがなく、1985年以降ずーっとダブルスコアで負け続けている。
それも、両チームのプレースタイルが似通っているせいで余計にタチが悪い。アイルランドは常に日本の上位互換として君臨し、超えられない壁として立ちはだかってきた。


だが、今回の日本チームはこれまでとは違うハイテンポのチーム。
細かいパス出しと素早い集散を中心に、ボックスキックからプレッシャーをかけてターンオーバーを狙うトレンドも取り入れたスタイル。基本中の基本を極限まで高めたアイルランドとは完全に別物と言える。
 
さらにアイルランドはSOセクストンが欠場し、ここぞの場面での経験値の浅さも目立っていた。
色々な意味で、今回は日本に大きな追い風が吹いた一戦だったのではないか。
 
 
ついでに言うと、以前から散々「今の日本は強い」と言い続けておきながらアイルランド戦での勝利を信じられなかった自分を思いっきり恥じたいと思うww


というか、2大会連続で優勝候補に勝つなんて、奇跡でも何でもないですからね。
何度も言いますが、今の日本は強いですからね。
 

 






自費出版 ブログランキングへ

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Amazonでも販売中です!!


上へ