Frentopia公式ブログ

ベストバウトその1:バドゥ・ジャックvsスティーブンソン。いい試合過ぎて笑いが止まらんww どっちも出し切った消耗戦【結果・感想】

ボクシング観戦, 趣味, 雑談 | 2018年5月21日 | タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カナダモントリーオルイメージ
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 
2018年5月19日(日本時間20日)にカナダ、トロントで行われたWBC世界L・ヘビー級タイトルマッチ。同級王者アドニス・スティーブンソンと挑戦者バドゥ・ジャックの一戦は、大激戦の末に0-1(114-114、114-114、113-115)のドローにより、スティーブンソンが防衛に成功した。
 
 
序盤から右ジャブを多用し、得意の左を打ち込むタイミングを測るスティーブンソン。対するバドゥ・ジャックは距離とポジショニングを意識し、致命打を避けながら反撃の機会をうかがう。
 
スティーブンソンのプレッシャーになかなか手数が出ないジャックだが、中盤から身体を寄せてボディの打ち合いを挑む。
 
スティーブンソンも身体の強さを活かして受けて立つが、要所でジャックのボディストレートを被弾して失速。後半にかけて徐々にジャックが試合の流れを掴む。
 
「田口良一陥落。ブドラーに判定負けで統一王座防衛ならず。てか、地上波ボクシング中継なくなるんすかね」
 
10Rに入るとジャックにも疲れが見え、逆にスティーブンソンの連打でぐらつきを見せるシーンも。
そのまま激しい打ち合いが続き、両者ともに決め手を欠いたまま終了のゴングを聞く。
 
結果的にドローで防衛を果たしたスティーブンソン。
だが、両者ともに自らの勝利を主張するなど、早くも再戦への機運が高まっている。
 
「ネリ再起。WBSS参戦目指してパブスタンとの10回戦に挑む。今後、ネリが体重超過をしない理由」
 

最高の一戦でしたねジャックvsスティーブンソン。今週末の試合がベストバウトだらけだったね

やっばいww
最高だったんじゃないっすか? この試合。
 
このバドゥ・ジャックvsアドニス・スティーブンソン戦は僕が以前から楽しみにしていた試合で、ガチでどうなるかがわからないと思っていた。
 
予想記事でも申し上げたように、どちらが勝つにしても紙一重。
相性的にも実力伯仲。
絶対にスルーしたらアカンやつ。
マッチメイク自体にはケチがついたが、そんなことは関係ないくらいの大試合になる。
 
「ジャックvsスティーブンソン? これは予想しにくいよね。ハード路線のジャックか、引退間近のスティーブンソンか」
 
そして、実際の試合もマジでその通りだったのではないか。
 
 
というか、この週末の主な試合は僕が楽しみにしていたものばかり。
 
・バドゥ・ジャックvsアドニス・スティーブンソン
・ジョシュ・ウォーリントンvsリー・セルビー
・ゲイリー・ラッセルJr.vsジョセフ・ディアス
 
かねてより「絶対におもしろくなる」と喚き散らし、すべての試合が期待通りだったという。
正直、田口良一vsヘッキー・ブドラー、京口紘人vsビンス・パラスにちっとも興味が向かないくらいに。
 
「ラッセルとかいう年1の風物詩。今回はジョセフ・ディアスとのお戯れですかww フェザー級最強の試合枯れマン」
 
へえ、田口負けたんだ。
そんなことよりジャックvsスティーブンソンだろ、お?
みたいな。
 
「ベストバウトその2:ウォーリントンvsセルビー。お互いがクソ意地張りまくった名試合。目まぐるしくて脳みその処理が追いつかん」
 

バドゥ・ジャックがすげえがんばった。序盤3Rを取られたのが最後まで響いたな


具体的にはバドゥ・ジャックがよくがんばったなと。
いや、もちろんスティーブンソンもがんばったのだが、あそこまでスティーブンソンを追い詰めたジャックはマジでお見事だったと思う。
 
まず、序盤はだいたい予想した通りの展開。
スティーブンソンの右をバドゥ・ジャックがいかにかいくぐるか。
必殺の左をもらわない位置取りを意識しつつ、どれだけ自分のペースを握れるか。
 
「スティーブンソンvsグヴォジク!! ま〜たおもしろそうな試合を組みやがってw キャリア終盤に勝負に出たかスティーブンソン」
 
そして、残念ながら中間距離の差し合いではスティーブンソンが一枚上だった。
バドゥ・ジャックはスティーブンソンの左が届かない位置にとどまり、左を伸ばして牽制する。だが、ポジショニングとガードを意識するあまりなかなか手数が出ない。
ときおり右ストレートをヒットするものの、スティーブンソンの多彩な右でコントロールされてしまう。
 
中盤から強引に自らの流れに引き込むのだが、序盤の3Rを取られたことが最後まで響いた感じか。
 
「ベストバウトその3:ラッセルvsディアス。ラッセルたんの猛打に耐えたディアスたんすげえ。フェザー級頂上決戦でしたね」
 

至近距離でのボディの打ち合いを挑むバドゥ・ジャック。スティーブンソンも真正面から受けて立つ

5Rに入ると、バドゥ・ジャックがガードを上げて身体を寄せ、ボディの打ち合いを挑む。
中間距離での差し合いでは分が悪いと踏んだか、至近距離でのフィジカル勝負に切り替える。
 
「リナレスがS・ライト級進出? アブネル・コットを3RTKOで再起に成功。S・ライト級でマイキー、ラミレスに挑戦だと?」
 
身体を密着させ、半身ずらした位置から右ボディを叩き込むジャック。
さらに、下を意識させておいて右を顔面に。
得意の位置取りと距離感を活かしたスタイルから、いきなり泥臭いもみ合いに移行する。
 
対するスティーブンソンも足を踏ん張ってボディを返す。
お互いに引かず、リング中央で一進一退の攻防が続く。
 
「もはや芸風w レイ・バルガスがフラフラでアザト・ホバニシャンを退ける。お前はそれでいいよw 実写版間柴了の試合はおもろいw」
 
うん。
やっぱりスティーブンソンは身体も強い。
 
以前、アドニス・スティーブンソンは強化版岩佐亮佑だと申し上げたことがあるが、インファイトでのこの強さは岩佐にはないもの。仮に岩佐がこれをやられたら「きゅう〜〜〜ん」と縮こまってしまうのではないか。
 
あれだけのプレッシャーを受けても粘れる強靭なフィジカル。
むしろバドゥ・ジャックが押し返されていたくらいで、この辺はさすがスーパーマンと呼ばれるだけある。
 
「リナレスがロマチェンコにKO陥落。あ〜惜しい。もう少しだったけどな。これがスピード&パワーの偉大さですよ」
 
また、押し返されながらも要所でボディストレートをヒットし続けたバドゥ・ジャックもよかった。
スティーブンソンの強靭なフィジカルに押されながらも何とかスペースを確保し、腰を落として右をボディに伸ばす。さらにノールックの右をカウンターで顔面に。
これで徐々にスティーブンソンの失速を誘い、終盤の反撃につなげてみせた。
 

ボディを効かされ、失速するスティーブンソン。だが10Rに無理やり盛り返し、逆にペースを取り戻す

5〜7Rでボディを効かされ、大幅に消耗させられたスティーブンソン。
後半8Rあたりから右リードが徐々に減り、左を打ち込むタイミングを失う。
 
逆にジャックは右リードの弾幕がなくなったことで、容易にスティーブンソンの正面に回り込める。
邪魔な右が来ないので自分の右が当てやすく、反撃は左だけに注意していればいい。
ボディストレートをヒットしつつ、ジャックがペースを掌握したまま試合が進む。
 
「グヴォジクがスティーブンソンをKO! うわぁ…、とんでもないもん観たわ。世代交代の大激戦だったな」
 
そして10R。
僕はこのラウンドでバドゥ・ジャックが勝負をかけると予想していたのだが、結果はまさかの逆。
 
リング中央でスティーブンソンがいきなり左ストレートを出し、そのまま距離を詰める。
自ら身体を寄せ、サイドに回りながら右ボディ。
ジャックの左に右を被せ、根気よくボディを叩く。
 
「ジャーメル・チャーロがトラウトに完勝。野性味満載の1発狙いで2度のダウンを奪うも倒しきれず。ハード戦はよ」
 
リング中央でのもみ合いで押し返され、ど真ん中のボディを被弾するジャック。
これで一気に失速し、腰をかがめたまま後退する。
 
スティーブンソンはさらに必殺の左ストレートをボディへ。
ロープ際まで逃げるジャックを追いかけ、右を浴びせる。
 
「ハード路線の申し子バドゥ・ジャックが今度はマーカス・ブラウンとノンタイトル戦。どれだけキツい思いすりゃ気が済むんだよ」
 
うおお、すげえ。
ここで盛り返すかよスーパーマン。
 
会場もこの日一番の盛り上がり。
リングサイドのメイウェザーも立ち上がって声援を送る。
 
「サンキューコバレフ、お前はサイコーだった。アルバレスに7RKO負けで王座陥落。クラッシャーの終焉か?」
 
続く11R。
ロッキーのテーマをBGMに、2人の戦士がコーナーを出る……。
 

何度も言うけどすごい試合だった。非科学的な底力を発揮したスティーブンソンと名勝負製造機のバドゥ・ジャック

いや、もうホントにすごい試合だった。
 
お互いがお互いの力量を測る序盤。
強引にインファイトを挑んだジャックに対し、スティーブンソンが真正面から迎えうった中盤。
完全にジャックにペースを支配された局面から、スティーブンソンが根性で流れを引き戻した終盤。
 
そして、両者がすべてを出し切って打ち合ったラスト2R。
 
「ドネアvsフランプトンやっとオワタ(^▽^)/ 退屈過ぎて観てるのがしんどかった試合。フランプトンの完勝だけどいろいろキツい」
 
たまらんですね。
わけのわからん底力というか、非科学的な二番底というか。
この理解不能なパワーを引っ張り出せるのも、やっぱり王者ならではということか。
 
どっちもマジでナイスファイト。
いい試合過ぎて笑いが止まらないww
 
「おおお…ハードがララに勝ちやがった! いい試合だったな。両方がんばった。ちょっとロマvsリゴ戦ぽくもあったかな」
 
この試合を観ればスティーブンソンが「左の大砲だけの人」じゃないことはわかっただろうし、バドゥ・ジャックの名勝負製造機っぷりも改めて証明されたと思う。
 
いろいろな意味でベストバウトと言える試合だったのではないか。
 
「ビボルvsチレンバ感想。おいおい、チレンバ次は勝てるんじゃないか? いい試合だったな。ビボル勝利は文句ないけど」
 
あ、でも再戦にはあまり興味ないかな。
 
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 

 

 

 

 

 

 
 

自費出版 ブログランキングへ
 
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Amazonでも販売中です!!


上へ