Frentopia公式ブログ

費用対効果、コストパフォーマンスのこと。いくら払えば文句OK? 逆に「その金額でその言い分はねえわww」の基準は?

ボクシング観戦, 仕事・会社, 生活, 趣味, 雑談 | 2018年5月30日 | タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

コストパフォーマンスイメージ
「費用対効果」って、よく聞くじゃないですか。
ちょっとイキった言い方をすると「コストパフォーマンス」「コスパ」。
 
 
かけた費用の対価として得た商品(サービス)が、その費用(投資)に見合っていたか。
 
たとえば、
「〇〇円で広告を出しました」
「その結果、〇〇円の売り上げがありました」
 
この広告料金〇〇円が、売上〇〇円に対して高いか安いか。
投資額(広告料金)に見合った成果(売り上げ)が得られたか。
 
「費用対効果とは何か? 意外と知らない「コスパ」の算出方法」
 
要は「あなたの買った商品の満足度は?」という話。
 
値段以上のサービスを得られれば「コストパフォーマンスがいい」
値段に見合うほどの満足度がなければ「コストパフォーマンスが悪い」
 
「高齢化社会を乗り切るために優先席を撤廃しようぜ。んで、30~40代優先席を作ろうぜ」
 
目の前にある〇〇が自分にとって得か損か、手に入れて嬉しいかそうでないか。
自分のお金、時間、体力を使って得る価値があるのかないのか。
 
多くの人の行動原理が、ここに起因していると想像します。
というか、少なくとも僕はそうしています。
 
「損得勘定で動くなんてカッコ悪い」
「若いときの苦労は買ってでもするべき」
 
いやいやいやいやww
 
損得勘定で動かないでどーするww
 
別に苦労なんて、しないにこしたことはない。
何の苦労もせずに一生遊んで暮らせれば、それが一番じゃないっすか。
 

文句を言っていい基準は? いくら払えば「クレーマー」と呼ばれず、批判を聞き入れられる?

そして、僕がいつも思うのが費用対効果の低い商品、サービスに遭遇した際、文句を言っていい基準は? という話。
 
1万円オーバーのコース料理がマズかったら文句を言っていいと思うし、高くてマズい飯を食うなら500円の牛丼の方がはるかにお得感が高い。
だが、トータル3、4000円の居酒屋の料理にああだこうだと文句をつけたり、店員に威張り散らすのはイタい。
 
1時間1万円の飲み屋で出てきた女の子が好みじゃないのは最悪だが、1週間350円のレンタルAVが外れても「まあ、いいか」で済む(でもAVは1回1回が真剣勝負だからね。外れたときのダメージは計り知れないよねww)。
 
と言っても、もう何年もお姉さんのお店に行ってないし、レンタルも最近はストリーミングばかりですが。
 
つまり、その商品(サービス)に文句を言うことが許される金額はいくらか。
まっとうな? 批判とクレーマーの境界線はどこか。
 
「「何か違う」「ちょっと嫌だな」という肌感覚、直感はそこそこ信頼できるよねって話。ZOZO TOWNの1億円バラマキ企画」
 
あくまで僕の中での話ですが、クレーマーとそうじゃない人の境は5000円だと思っています。
 
5000円以上の金額を払えば、その商品(サービス)に対するネガティブな意見が許される。
 
だが、それより安い場合はしょーもない。
1000円以下になると、もう完全なる「クレーマー」と呼んでさしつかえないと思っております。
 
もう一度申し上げますが、あくまで僕基準での話です。
 
「連載「ボクらは「貧困強制社会」を生きている」「貧困に喘ぐ女性の現実」に対する自己責任論者が一向に消えない件」
 

大して高くもない商品に長文でネガティブなレビューするって、めっちゃしんどくないっすか?


たまに楽天やAmazonで、1000円、2000円の商品に対して鬼のような長文のネガティブレビューを見かけますが、ああいうのって本当に大変だなぁと。
マジな話、その長文を書く労力だけで商品の値段を超えてんちゃうか? みたいな。
 
「仕事ができない人は「相手への敬意が足りない」ってそりゃ知ってる。そんな人間と遭遇した際に僕が実行した4つのこと」
 
ここ最近、プロボクシング元世界王者の木村悠氏が「note」にて有料の質問コーナーと課金制の記事執筆をスタートしたことが話題になっていますが、アレもねえ……。
 
課金制に対してかなりネガティブな意見が聞こえてきますが、言っても300円とかですからね。
 
「この程度の情報なら無料でいくらでも見つかる」という声も聞こえてきましたが、正直、僕にはその怒りのパワーがすでに300円を超えてるように思えるのですが。
 
それこそ「ハズレのAVを掴まされたぜww」とでも思っておけばいいような……。
 
「残業月100時間オーバーの実態。ヤバい? まだいける? ヒトでいられるボーダーラインの見極め。元社畜の僕が社畜自慢するお」
 
無理やり木村悠氏にツッコミを入れるのであれば、「note」が情報商材の掲載、販売を禁止していることくらいですけど、これも今さらですよね。
 
「note」は本来「クリエイターやユーザーが自由に自分の作品(音楽、小説、映像等)を発表、販売できる場所」という趣旨だったはずですが、現状は情報商材ビジネスの温床と化しているという。
 
恐らく管理側のチェック機能も杜撰なのだと想像します。
もしくは「手数料が増えるからオイシイ」と開き直っているのか。よくわからんですが。
 
「部落差別ねえ…。それより僕のブラック田舎あるあるを紹介。弱い世界じゃ強いだろうが強い世界じゃ下の下のゲットーww」
 

「調べる労力」「情報を取捨選択する労力」を金で解決するってことだと思いますよ。オリジナルの情報なんてめったにあるものでもないし

「この程度の情報なら無料でいくらでも見つかる」という意見も、実はおかしいですからね。
 
そもそも論として、今の時代に「誰も手をつけたことのないオリジナルの情報」など、そうそうお目にかかれるもんじゃない。
 
何かを調べる際に、インターネットを検索するのか本屋に行くのかは不明ですが、どちらにしても膨大な情報が容易に手に入ります。
そして、得た情報の中から自分に必要なものを取捨選択するわけですが、要はここの手間賃ですからね。
 
「「人を誘いたいスポーツイベント」ランキング完結編。初見の知り合いを誘うのに最適なヤツうぅぅぅ~」
 
インターネットを検索する。
もしくは本屋に行く。
そこで得た情報を選別する。
要点をまとめて必要な部分をピックアップ。
 
実際、ここの労力はバカにならないわけです。
 
つまり、これを「金で解決しましょう」という話。
 
「仕事のやる気をなくさせる上司の行動、言動を考える」
 
自分の代わりに必要な情報を集めてくれた誰かにお金を払って、それを譲ってもらいましょう。
誰かの集めた情報を適正価格で買いましょう。
 
それが情報商材というヤツ。
 
「Bリーグ2年目終わった!! 試合数増加を希望する。流川君がいればプレーオフまでは行けるけど、優勝するにはゴリが必要」
 

「無料で」「簡単に」というのは人それぞれですよね。それを数百円で解決できるなら問題ないかと

「無料でいくらでも」「検索すれば簡単に」というのも、これまた「人それぞれでしょ」としか言いようがない。
 
世の中にはインターネットでの検索が得意ではない人もいるし、本屋に行く時間がないほど多忙な人もいる。
そこを数百円、数千円で解決できるのであれば、費用対効果としてはサイコーじゃないっすか?
 
「川崎ブレイブサンダースの親会社になるDeNAってすげえ優良企業だって知ってた? 野球の次はバスケだって」
 
というか、「無料でいくらでも」「検索すれば簡単に」手に入るから300円、500円なのであって、「容易に手に入らない」「オリジナリティ満載の」貴重な情報、ノウハウがサラッと出回るわけがないww
 
そういう意味でも、仮に300円、500円で購入した情報が期待したほどでなくても「AV失敗したわ~ww」とでも思っておけばいいんじゃないの? と申し上げています。
 
逆に5000円以上払って得たサービス(商品)がゴミだった場合、遠慮する必要はないです。怒りのパワー全開で盛大にブチ切れましょう。
僕が許します(何様?)。
 
「eスポーツ? 何それ知らん。と思って調べてみたら盛り上がりがすげえww 確かにゲームのプロは鑑賞に値する」
 
ちなみにですが、花粉症持ちの僕はネット通販でクッソ怪しげなサプリメント(1万円)を購入した結果、毛ほども効かずに絶望した経験がありますww
ええ。こういうヤツを情弱な金ヅルと呼ぶのですww
 

 

 

 

 

自費出版 ブログランキングへ
 
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Amazonでも販売中です!!


上へ