Frentopia公式ブログ

ブラッドリーがブランドン・リオスにTKO勝ち!! スピードと手数でリオスを圧倒!! インファイターのリオスに何もさせず【WBOウェルター級タイトルマッチ結果】

ボクシング観戦, 趣味, 雑談 | 2015年11月8日 | タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

雲イメージ
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る

2015年11月7日(日本時間8日)、アメリカ・ラスベガスのトーマス・アンド・マックセンターで、WBO世界ウェルター級タイトルマッチが行われた。

チャンピオンのティモシー・ブラッドリーが同級3位の挑戦者ブランドン・リオスを9R2分49秒TKOで下し、防衛に成功した。

「パッキャオvsブラッドリー第3戦目予想!! フィリピンの英雄のラストマッチの行方は?」

絶好調のブラッドリーがリオスをスピードで圧倒

結論から申し上げると、ブラッドリーの予想以上の圧勝だった。
もう少しリオスのボクシングがブラッドリーを慌てさせる場面があるかと思っていたが、まさかここまでリオスがブラッドリーのスピードについていけないとは。
恐らく、今日のブラッドリーはかなり調子がよかったのだと思う。スピード差のあるリオスが相手というのもあるが、あれだけキレのある動きはここ数試合では見られなかったものである。

「ブラッドリーvsリオス予想!! 危険なインファイターを迎え撃つブラッドリー」

開始早々いきなりブラッドリーがサークルしながらの連打でリオスの顔面を捉える。
距離をとってリオスの周りを回り、近づいて連打。そのうちの何発かがリオスのガードの間からクリーンヒットする。

ああ、スピードが全然違う。
これはこのままいけるんじゃないか。
ブラッドリーがムキになって打ち合わなければ。
そう思わせる立ち上がりだ。

「ジェシー・バルガスがサダム・アリをTKOで下して勝利!! 激戦を制したバルガスが2階級制覇達成!!」

と、思ったら、リオスがブラッドリーの腕に自分の腕を絡ませラフなパンチを数発。これにムカッときたのだろう。ブラッドリーがさっそく距離をつめて打ち合い始める。
おいおい、いきなり暗雲立ちこめたぞ。

「村田諒太ラスベガスデビュー戦を予想!!」

ただ、ブラッドリーがすぐに冷静さを取り戻す。
距離をとった状態からの飛び込んでの左。
この打ち終わりに左をかぶせるリオス。

パンチが当たったのはブラッドリー。
両者のスピードに相当の差があるので、リオスのパンチは当たらない。

このままムキになりさえしなければ、無難にブラッドリーが勝てるんじゃないだろうか。そう思わせる序盤の攻防である。

「村田諒太の課題が見えた? 実力は? ガナー・ジャクソンに判定勝ちでラスベガスデビュー戦を飾ったものの、派手なKO勝利とはいかずにアピール不足か」

左回りで距離をとるブラッドリー。
追うリオス。
リオスがブラッドリーの正面に立ち、激しく打ち込む。
ブラッドリーが腕をリオスの抱えてリオスの突進を封じる。身体を密着させ、打たれる箇所を隠すように頭を擦りつける。うまい。これでリオスは至近距離でも手が出せなくなる。

2R中盤。リオスの大振りの右がブラッドリーの頬をかすめる。この離れ際のパンチにさえ気をつければ、ブラッドリーはそこまで危険な状況には陥らないだろう。

「テレンス・クロフォードがディエリー・ジャンに快勝!! 10回TKOで下し初防衛に成功」

打っては左へステップして距離をとる。そして打っては近づき、リオスの腕を抱え込む。
ブラッドリーの手数とステップワークは相変わらずすごい。命中率はよくはないが、“デザートストーム”の異名どおりの息つく間のない攻撃。確実にポイントを自分の方に引き寄せるボクシングである。

「江藤光喜vsクアドラス予想!! 無敗王者のカルロス・クアドラスに挑戦する長身の江藤光喜。人生を賭けて挑む一戦を予想する!!」

対するリオスはいつも通りガードを高く上げてどっしりとした構え。そして愚直に前に出るいつものスタイルである。ガードを上げて距離を詰め、ロープ際で左右ボディの連打につなげる攻撃は迫力満点だ。

「長谷川穂積辛勝!! カルロス・ルイスに2度のダウンを奪われながら僅差判定勝ち」

ただパッキャオ戦のときもそうだったが、このボクシングはどうしてもスピード差のある相手には分が悪い。
防御も基本的に高く上げたガードのみで、身体を振るわけでもなくスウェーがあるわけでもない。少しくらいならもらっても構わないという自分の頑丈さに頼った防御なので、スピーディな相手の連打を防ぎきることができないのだ。というより、ハナから防ぐ気もないのだろう。

至近距離での打ち合いでもリオスはブラッドリーに歯が立たない


序盤4Rまで、ブラッドリーがスピードで圧倒する展開が続く。

ワンツーを打って左にステップ。
ワンツーを打って身体を密着させる。
ブラッドリーはとことんこのパターンである。

だが離れ際の右など、ところどころに危なっかしい場面も散見される。リオスの危険なフックがブラッドリーの鼻先を通過するシーン。まあ、これもいつものブラッドリーといえばそうなのだが。

「サダム・アリを見とけよ? そのうち出てくっから!!」

対するリオス。
ブラッドリーの打ち終わりにカウンターでの一発を狙う。
恐らくこの一発に賭けているのだろう。劣勢は予定通り。どうせブラッドリーのスピードにはついていけない。それなら試合のどこかで一発当てられればいい。
一発クリーンヒットできれば勝てる。当たらなかったらごめんなさい。まさにそういう考えなのだろう。

ただ、今日のブラッドリーは絶好調だ。前回のチャベス戦よりも間違いなく調子がいい。ヒット・アンド・アウェイでリオスに反撃する間を一切与えない。

「江藤、クアドラスの牙城を崩せず大差判定負け!!」

6R。
ラウンドの序盤は距離をとり、リオスの周りを左回りに回るブラッドリー。
飛び込み際の左で距離を詰め、至近距離での打ち合いに持ち込む。左をトリプルで放ち、リオスの顔面を跳ね上げる。
たまらず腕を抱え込むようにしてクリンチするリオス。腕を無理矢理引き抜き、さらにパンチを集めるブラッドリー。

う〜ん、この距離でもブラッドリーのハンドスピードがはるかにリオスを上回っている。この局面ですら優位に立てないリオスはかなり厳しい。

ブラッドリーが至近距離でショートフックの右を当てたところで6R終了。このラウンドも完全にブラッドリーペースである。

「三浦隆司vsフランシスコ・バルガス in ラスベガス予想!!」

反撃する隙を与えないほどの連打で相手のパンチを封じるブラッドリー。
毎回思うのだが、あの作戦は相当勇気のいる方法なのではないだろうか。相手のカウンターを受ける危険も高いし、インファイター相手に至近距離で打ち合うというのは、周囲が考えるよりもはるかに強靭な精神力が必要な作業だと思うのだ。命中率の悪さを指摘されることが多いブラッドリーだが、個人的にあの攻撃ができることはすばらしいと思っている。

さすがのステップワークと手数を見せつけるブラッドリー。9Rにリオスをストップ!!

7Rに入ると、リオスがプレッシャーを強める。恐らくセコンドからの指示が出たのだろう。このあたりで勝負を賭けないと勝ち目がなくなるとでもハッパをかけられたのではないか。
だが、リズムを掴んだブラッドリーには通用しない。連打とフットワークで応戦され、手数と攻勢で圧倒される。懸命に前に出ているのだが、効果的なパンチを当てることができない。このラウンドも手数と攻勢でブラッドリー。

「ケル・ブルックは強化版ハメドだ!! ケビン・ビジェールに圧勝!!」

今日のブラッドリーのステップワークはさすがのひと言だ。
至近距離で左右へめまぐるしく動いてアングルを変え、打ち返す隙を与えないほどのパンチをあらゆる方向から打ち込む。
確かに当て勘はよくない。
だが、この手数とステップは対戦相手にとっては脅威以外のなにものでもない。どこから飛んでくるかわからない無数のパンチ。いつ果てるともない連打。これを受け続けるのは精神的にもかなりキツいのではないだろうか。

「内山vsウォータース予想!! 実現なるか?」

特にリオスのような攻防分離型のボクサーがこの攻撃をやられると絶望的にどうしようもなくなる。打ち終わりを狙いたいのは山々なのだが、いかんせん打ち終わらないのである。

9R。
至近距離でブラッドリーのアッパー気味の左がリオスを捉える。そこから右にステップして返しの右。
ひざまずくようにダウンするリオス!!

一度は立ち上がったが、再びコーナーに詰められボディ。これで2度目のダウン!!
たまらずレフェリーが試合を止める。
ブラッドリーの9R2分49秒TKO勝ち!!

うおおおお!!
倒した!!
ブラッドリーが倒して勝った!!
しかもタフなリオスを倒すとは!!

このまま判定までいくと思っていたが、まさか倒しきるとは。
いや、珍しいこともあるもんだ。

リオスのスタイルには限界が見えた? オーバーウェイト不摂生マンの行く末は……?

しかし今日のブラッドリーは強かった。
あのステップと手数。今日のブラッドリーは間違いなくスペシャルだった。

「クリチコに勝ったタイソン・フューリーがおもろすぎる件ww」

ここ最近、精彩を欠いた試合が目立つブラッドリーだったが、今日は完全に全盛期が戻ったようなキレのある動きを見せていた。
さすがにリオス相手に負けるわけにはいかないという思いもあったのだろう。相当準備してこの試合に臨んだのではないかと思われる。
まあ、このタイプに捕まえられるようではそろそろ限界も近いと言わざるを得ないが。

完勝のブラッドリー。今後はどのようなキャリアを歩むのだろうか。キース・サーマンやショーン・ポーターとの絡みはあるのだろうか。個人的にはケル・ブルックと統一戦をしてもらいたいような気がするが、実現する可能性は低そうだ。それならクリス・アルジェリやサダム・アリとのタイトルマッチも観てみたい。
ちなみにビッグネームばかり追いかけてフラれまくっているアミール・カーンはもういいです。

対するリオス。我慢に我慢を重ねた上で、蓄積したダメージが9Rに噴き出したといったところだろう。
調子自体が悪かったのかもしれないが、全体的にもう少しラフなパンチを振り回して強引にでも前に出るべきだった。

打たれはしていたが、リオスのタフさなら判定までいくと思っていた。だが見ての通りのTKO負け。ブラッドリーの攻撃は予想以上に効いていたということか。もしくは長年の打ち合いによる勤続疲労か、それとも減量苦か。

とにかく今回の試合で、リオスの限界が改めて見えたのではないかと思う。
アルバラードのように噛み合う相手であれば名勝負製造機になれるが、パッキャオや今回のブラッドリーのようにスピード差があると手も足も出なくなる。ガードがいいわけでもなく追い足があるわけでもない。近づいて打ち合わなければどうしようもなくなる欠陥だらけのスタイル。しかも今回のKO負けによって、最大の持ち味であるタフネスにも陰りが見えてしまった。

「エイドリアン・ブローナー完勝!! アーラフベルディエフをスピードとテクニックで圧倒して12回TKO勝ち!!」

今後どうするかはわからないが、この階級でのビッグマッチが巡ってくることは恐らくないのではないか。
かといって、階級を下げるにしてもオーバーウェイトをやらかす不摂生マンである。悪いボクサーではないのだが、行く末はあまり明るくはないように思える。

「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る









自費出版 ブログランキングへ

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Amazonでも販売中です!!


上へ