Frentopia公式ブログ

大激戦のバルテレミーvsキリル・レリク!! まさかの苦戦のダークヒーロー、バルテレミーはクロフォード打倒を果たせるか?【結果・感想】

ボクシング観戦, 趣味, 雑談 | 2017年5月28日 | タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

メリーランド日没
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 
2017年5月20日(日本時間21日)に、米・メリーランド州で行われたWBA世界S・ライト級挑戦者決定戦。
同級1位キリル・レリクと2位ランセス・バルテレミーが対戦し、3-0(116-111、115-111、117-109)の判定でバルテレミーが勝利。次期挑戦者に名乗りを上げた試合である。
 
序盤からスピードと手数で襲いかかるキリル・レリクに対し、スイッチを繰り返しながらテクニカルに迎撃するバルテレミー。
実力者同士の好勝負となったこの試合、バルテレミーがやや押し気味の展開で進むが、5Rにレリクがカウンターをヒットしてスタンディングダウンを奪う。
 
だが、バルテレミーも6Rから距離をとり、的確なリカバリーを見せる。
 
後半、前に出て打ち合うレリクに対し、バルテレミーはボディを中心に突進を止める。
 
激しいペース争いが続き、一進一退のまま12R終了のゴングが鳴る。
結果は予想以上に大差がついたが、それでもお互いが持ち味を十二分に発揮した大激戦だった。
 
「こっそり名試合ウォーリントンvsキコ・マルチネス!! 村中vsヤファイの裏で2017年最高試合出たか?」
 

バルテレミーvsキリル・レリク大激戦の末にバルテレミーが勝利! いや、いい試合過ぎて大満足ですよ

バルテレミー辛勝!!
大激戦の末にキリル・レリクを判定で退ける!!
 
いや、すごい試合だった。
僕の好きなバルテレミーさんの久しぶりの試合ということで注目していたのだが、予想をはるかに超える好試合だった。
 
同日に行われたゲイリー・ラッセルJr.vsオスカル・エスカンドンのWBC世界フェザー級タイトルマッチと合わせて、すばらしいイベントだったのではないだろうか。
地味だけど。
 
「はあ、ラッセルたん…。エスカンドンを接近戦で圧倒して勝利!! この試合好き過ぎて、もう5回くらい観てるw」
 
先日も申し上げたが、こんなすごい2試合がほとんど話題にならずにスルーされていることが哀しい。もっと各所で盛り上がってもいいと思うのだが。
 
特にこの試合は判定に物議を醸しているとのことで、村田vsエンダムと共にWBAから再戦指令が出ているとか。
確かにあれだけの激戦でこんなにポイント差がつくか? とは思ったが、それも含めてもっとギャーギャー言ってもいいような気がしている。


まあ、村田vsエンダムについては、さすがにしつこいのでどうでもよくなってますけどね。
 
「村田vsエンダム感想。疑惑の判定負け? 素人がプロに口出すな。やったことがないヤツが語るな」
 
とにかく両者ナイスファイト。
最後までまったく気の抜けない試合で、ラッセルvsエスカンドン戦を含めてテンション上がりっぱなしである。
 
「バルテレミーvsレリク、グローブスvsユーバンクJr.を観たので感想を。バルテレミーさんの体調の悪さとグローブスの泥仕合ww」
 

キリル・レリクが予想以上にいい選手だった。あのバルテレミーをここまで追い詰めるとは


大激戦を制し、レリクとのサバイバルを勝ち抜いたバルテレミー。
 
とりあえず思ったのが、レリクが想像以上にいい選手だったということ。
 
「打倒井上尚弥筆頭アンカハスが帝里木下を迎えての防衛戦!! マックジョーに勝利した長身王者が今回もサウスポー対決に挑む」
 
前回のリッキー・バーンズ戦を観る限り、正直そこまでの強さは感じなかった。試合巧者のバーンズにうまくやり込められていた感じで、「レリクってこんなもんかな」と思っていた次第である。
 
だが、バルテレミーにあそこまで肉薄するのだから普通にすごい。
体調がすこぶるよかったのかもしれないが、バルテレミーを相手に勝利まであと一歩に迫れるのだから、実力は間違いなしである。
 
「インドンゴがバーンズ討伐を果たして王座統一。おもしれえ試合ww 野生動物のようなインドンゴにビックリ」
 

接近戦のレリクと中間距離のバルテレミー。レリクの突進力がバルテレミーの予想を上回っていた

今回の試合、恐らくレリクの作戦は接近戦。
遠い距離ではバルテレミーの長いジャブに塩漬けにされると判断したのだろう。ガードを上げて距離を詰め、至近距離でのスピード勝負に持ち込む作戦だったのではないだろうか。
 
そして、その作戦はかなり機能していた。
 
前に出てプレッシャーをかけるレリクに対し、バルテレミーは中間距離で削る作戦。
スイッチを繰り返しながら長いジャブとストレートでレリクの出足を止め、自分のパンチだけが当たる位置で対峙する作戦である。
 
距離が詰まれば1発1発のパンチに力を込め、極力レリクを懐に入れさせない。ボディとフックの連打、さらに身体のパワーで何とかなるだろうと考えていたはず。
 
「レミュー左フック一閃!! スティーブンスがスヤッスヤ。マザーの胸で安らかに眠れ」
 
ところが、レリクの突進力はバルテレミーの予想を上回っていた。
バルテレミーを上回るフルスイングでパンチを振り回し、被弾もお構いなしで距離を詰めるレリク。
前戦のバーンズ戦とは違い、足をどっしりと構えて前進するレリクに僕は少し驚いてしまった。
「お前、こんなこともできるんかい」「ピョンピョン跳ね回ってポカポカ打つだけじゃないんかい」みたいな。
 
「絶望の帝里木下。アンカハスに手も足も出ずにKO負け。完敗でしたね。ぐうの音も出ないほどの一方的な試合」
 

階級アップによる相対的なフィジカル不足が目立ったバルテレミー。ライト級までの怪物感が薄れたな

僕は今回のマッチメークを聞いた際、高確率でバルテレミーの勝利だと思っていた。それも、そこそこ一方的な展開で。
 
「クロフォードww インドンゴをボディ一閃!! 4団体統一戦に3RKO勝利。ナミビアのシンデレラストーリーを破壊する」
 
ところが結果は見ての通り。
勝つには勝ったが、バルテレミーにとってはキャリア最大の苦戦と言っても過言ではない。
 
僕が観た印象を申し上げると、階級アップによる単純なフィジカル不足が原因ではないだろうか。
 
「クロフォードvsインドンゴの統一戦予想。クロフォードのランニングスキルとインドンゴの踏み込みに注目」
 
S・フェザー級、ライト級のバルテレミーは本当にいい選手だった。
上背がありパワーもある。遠い距離で相手を塩漬けにすることもできるし、クロスレンジでもインファイターに打ち負けないフィジカルを持ち合わせる。しかも自由自在にスイッチしてかく乱するくせ者で、ひと言で言えば「何でもできる」
 
負ける姿が想像できない、そのくせ存在は地味。まさしくダークヒーローという名がピッタリの選手だった。
 
「マイキー・ガルシアがズラティカニンにKO勝ち。空中で失神してゆっくり崩れ落ちる衝撃映像」
 
だが、S・ライト級にアップした今回、諸々のアドバンテージが目減りした感が強い。
特に目立ったのがパワー面の相対的な不足。
至近距離での打ち合いで、あそこまで苦労するバルテレミーというのはこれまで見たことがない。
 
目一杯腕を振っているのにレリクの出足が止まらない。
頭を下げてのもみ合いで押し返される。
 
「至近距離で顔面にもらいそうだな」と思っていたら、案の定カウンターを被弾。マジな話、よくあの状態から持ち直したと思う。
 
「木村翔はワシが育てたww ゾウ・シミンにアウェーでジャイアント・キリング!! 大観衆の前で中国の英雄にTKO勝利」
 
中間距離の差し合いで、相手がフッと力を抜いた瞬間を狙うのが得意なバルテレミーだが、今回に関してはそのパンチの効きが悪く、逆にピンチに陥るきっかけになっていた。
 
ダウンを奪われて以降、ガードへの意識を高め、ボディを中心に何とか生き延びたバルテレミー。
だが、S・ライト級でいきなりキリル・レリクというのはかなり無理があったのではないだろうか。
 
「マイキー・ガルシアvsブローナー決定!! マジかよスゲー試合だよこのマッチメイク。体重超過あり?」
 

バルテレミーは打倒テレンス・クロフォードを果たせるか? 今回の試合を観る限り、ちょっと厳しいかなと

個人的にバルテレミーは打倒テレンス・クロフォードの一番手だと思っていたのだが、今回の試合を観る限りちょっと厳しいかなと思い始めている。
 
「スペンス圧勝!! ケル・ブルックを一方的にコントロールしてウェルター級最強対決に勝利」
 
理由は申し上げたように、階級アップによるフィジカル不足。
キリル・レリクのパワーにあれだけ苦労するようだと、クロフォードのナイフのようなジャブに切り刻まれて終わりな気がする。
中間距離での差し合いならバルテレミーに分があると思うが、その状況まで持ち込むことができるか。今のままだと相当難しいように思えるが、どうだろうか。
 
「ロマチェンコ攻略の糸口見っけ? マリアガボッコボコ。今日も対戦相手をオモチャにして遊ぶ」
 
ちなみにだが、同日行われたテレンス・クロフォードvsフェリックス・ディアス。
クロフォードのジャブに削られ続けたディアスが10Rに棄権するという試合だったが、「さすがクロフォード」のひと言である。
 
「マティセ圧勝すげえ! テワ・キラムに何もさせずに8RKO勝利。レベルが違い過ぎたかな。ここまで圧倒するとは」
 
と言っても、わざわざ記事にしようと思うほどでもなく、「あのジャブが通用する相手にはホント強いよなクロフォード」という感想しかない。
 
基本的にクロフォードという選手はリーチ差、フィジカル差がある相手には無類の強さを発揮する。ディエリー・ジャンやヘンリー・ランディ、そして今回のフェリックス・ディアスなど。
 
「クロフォードがモリナに圧勝! でもスター候補がそれでいいのか? ホントに強いのかクロフォード」
 
リーチ差やフィジカル差を活かしてジャブで突き放して突進を封じる。遠目から削りまくって徐々にダメージを蓄積させ、最後はギブアップに近い状態に追い込む。これがこの選手の必勝パターンである。
 
「トロヤノフスキーが挑戦者決定戦に勝利。ポルティージョを1RKOで下して次期挑戦者に名乗り。ホントに内山高志に似てる」
 
逆に体格やフィジカルで優位性を保てない場合は、ひたすら持久走でのポイントアウト狙い。2016年のビクトル・ポストル戦や前回のジョン・モリナ戦がそれに当たる。
 
強烈なジャブで相手の出足を止め、ダメージを蓄積させる。
そこを突破された場合は足を使ってランナウェイ。
この二段構えがクロフォードの基本的なスタイルである。
 
「クロフォードがポストルに大差判定勝利!! ん? クロフォード圧勝? むしろポストル勝てたんじゃないのか?」
 
なので、やっていること自体は実は井上尚弥やレイ・バルガスと近い。彼らは強烈なフィジカルで不器用さを補っている分、若干イメージは違うのだが。
 
「井上vsリカルド・ロドリゲス感想。だーめだ、ムリムリ無理無理。無謀な挑戦お疲れロドリゲス。井上はさっさと階級上げなさい」
 

誰がクロフォードを止めるのよ? インドンゴ? アントニオ・オロスコ? ポストル? パッキャオ以外で誰かいないの?

つまり打倒クロフォードを果たすのは、あのキレッキレのジャブを突破するだけのフィジカル。そしてクロフォードのランを追いかける圧力を持つ選手。理想を言えば、ロマゴンやゴロフキンのようなタイプである。
 
「ジェイコブス大健闘!! ゴロフキンのKO記録をストップ!! でもがんばった止まりかな。倒し方は見えたけど」
 
しかも、クロフォードの左構えにも戸惑わない応用力を兼ね備える必要がある。
 
「マイキー・ガルシアがブローナーに判定勝利。階級の壁をちょっと感じたかな。ブローナーもよかったよね?」
 
そう考えると、いくらバルテレミーでもクロフォードを捉えるのは難しいように思える。相対的にフィジカルが目減りしたS・ライト級では特に。ライト級ならまだ可能性があったのかもしれないが。
 
う〜ん、やっぱり階級最強かなぁこの人。
対戦が噂されるジュリアス・インドンゴも難しいだろうし、勝てそうな選手が見当たらない。一応タイプ的には僕の好きなアントニオ・オロスコさんが近いのだが、まったく可能性を感じないというのがね……。
パッキャオなら何とかしてくれるように思えるんだけど、そういうことじゃないんだよな。
 
「オロスコ完勝! ケアンドレ・ギブソンをパワーで圧倒する。おお、この勝ち方はいいんじゃないか?」
 
いや、マジで何とかしてもらいたい。
今のままだと、もっともクロフォードに肉薄したのがユリオルキス・ガンボアということになってしまう。
そんなことが許されていいわけがないww
 
「ガンボアvsカステリャノス感想。ガンボアの身体がデカ過ぎてアレだった。ところで内山の今後は?」
 
「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る
 

 

 

 

 

 

 
 

自費出版 ブログランキングへ
 
 
【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Amazonでも販売中です!!


上へ