Frentopia公式ブログ

格闘技イベントの入場で使われたらテンション爆上がり曲Best5。すでに使用してる選手がいたら一瞬でファンになりますがそれが何か?

ボクシング観戦, 趣味, 雑談 | 2019年6月21日 | タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

ライブイメージ
僕は総合格闘技やボクシングを観るのが好きで、生で観たい選手がいれば会場に足を運んだりもします。だいたい年に5、6回前後の割合で現地観戦しつつ、普段はテレビや動画配信のお世話になる感じでございます。
 
 
そして、現地観戦の楽しみの一つに「選手の入場曲を聴く」というのがあります。
「選手紹介→入場」の際に各々が選んだ曲がかかるわけですが、そこで「へえ~、この曲選びますか」とか「何これ、知らないけどいいね!!」みたいなお楽しみがあるわけです。
 
最近はボクシングの井岡一翔や八重樫東など、AK-69の曲を使用する選手も多いですが、中には「おお!! そのセンスはすげえ!」と思うような選曲もあり、毎回ワクワクさせていただいている次第です。
 
直近で言えば、RIZIN15でヤスティナ・ハバ姉さんが使用したラムシュタインが最高でした。

Ich will
カテゴリ: メタル

「おおう……、まさかラムシュタインとは」
「そうか、それがあったか」
みたいな感じで、完全にヤスティナ・ハバ姉さんのファンになってしまいましたww
 
「RIZINの現地観戦が楽し過ぎてマイッタ。堀口恭司も那須川天心もパッキャオもよかったけど、一番はヤスティナ・ハバかな」
 
AK-69もいいんですけどね……。
最近はあまりに頻繁にお目にかかり過ぎて、若干食傷気味というか。
 
横浜DeNAベイスターズの今永投手も登場曲にAK-69使ってるし。

On Fire
カテゴリ: ヒップホップ/ラップ

どなたかがおっしゃってましたが、カッコつけ過ぎてもはや何言うとるかわかれへんww
 
 
というわけで表題の件。
「格闘技イベントの入場で使われたらテンション爆上がり曲Best5」と題して、今回は僕が入場曲に使ってほしい曲をランキング形式で発表していきたいと思います(勝手に)。
 
一応言っておくと、これから紹介する曲をすでに使用している選手がいたとしたら、僕は問答無用でその選手のファンになることを宣言しますww
 
 
ちなみに今回選んだのはすべて日本の曲です。
異論は大いに認めますが、あくまで僕の好みなのでその辺よろしくです。
 

入場で使われたらテンション爆上がり曲:第5位

「ココ東京 feat. BIG-O, DABO, S-WORD」
 
まず、第5位はこの曲。
2006年発売のDELIのアルバム「STILL BURNIN’」に収録された曲で、BIG-O、DABO、S-WORDの3人が参加しております。

ココ東京 feat. BIG-O, DABO, S-WORD
カテゴリ: ヒップホップ/ラップ

 

 
僕は基本、クラブに行くのは好きじゃないけどHIPHOPを聴くのは好きというめんどくさい人間なのですが、中でも「NITRO MICROPHONE UNDERGROUND」にはだいぶお世話になりました。
 
特にニトロにおけるHOOKなアニキのS-WORDがお気に入りで、この曲でもいい味を出しております。
 
「堀口恭司が凄すぎてw コールドウェルに判定勝ちでベラトール王者に。RENAは残念だったけど、絶対諦めんなよ」
 
AbemaTV「格闘代理戦争」の影響でZeebra & AKTION(真木蔵人)の「Neva Enuff」が掘り起こされておりますが、 この「ココ東京」もそれに匹敵するくらいの名曲ではないでしょうか。

Neva Enuff featuring AKTION
カテゴリ: ヒップホップ/ラップ

 
てか、このころのDELIはクッソカッコよかったんですよね。
すでに“クラシック”と呼ばれつつある? のかは知りませんが、S-WORDとの「FOR MINUTES」もめちゃくちゃよかった。

FOR MINUTES FEAT.DELI
カテゴリ: ヒップホップ/ラップ

 
2011年の震災以降、現在は政治活動に精を出しております。

 
故ECDもそうですけど、やっぱりそっち側に進むラッパーは多いですよね。
 

入場で使われたらテンション爆上がり曲:第4位


「Sunflower No.7」
 
続いて第4位はコレ。
2007年発売の日華のアルバム「V.O.W.-Victory Over War-」の1曲目に収録されている曲です。

Sunflower No.7
カテゴリ: J-Pop

 

 
これまたクッソカッコいいですよね。
日華という人は日本語、英語、中国語の3か国を操るラッパーで、曲中でもそれぞれの言語を自在に使い分けます。
 
念のために言っておくと、もともとこの人は創価学会の方でリリックにもそれが色濃く反映されています。
だからといって他人の思想をどうこう言う気はまったくなく、単純に「曲としていいよね」って話です。
 
 
ちなみに最近の日華さん、2015年に「INFORICH」という会社を立ち上げたとのこと。モバイルバッテリーのシェアリング? サービスを日本と香港で展開されているみたいです。
 
「もう充電切れで困らない。」
 
すげえ胡散臭い見た目になってるけど、確かにこれは日華だわ。
「Stephen Chan (陳 日華) Facebook」
 

入場で使われたらテンション爆上がり曲:第3位

「インファイト (feat. ERONE, FORK, 裂固 & Mr.Q)」
 
第3位はKEN THE 390の「インファイト」です。
2017年発売のシングルで、ERONE、ICE BAHNのFORK、裂固、ラッパ我リヤのMr.Qが参加しています。

インファイト (feat. ERONE, FORK, 裂固 & Mr.Q)
カテゴリ: ヒップホップ/ラップ

 
はい。
この曲はたまらんです。
 
僕がKEN THE 390のことが好きなのはもちろんですが、参加メンバーがヤヴァい
 
ERONEにICE BAHNにラッパ我リヤて。
まるで僕の目に留まるために集まったような人たちです(違う)。
 
「メイウェザーが神である理由。「カネロ戦はイージーだった」。ビジネスはセンスとタイミング。そして、何より意思の強さ」
 
てか、やっぱり僕はこの辺のラッパーが好きですねぇ。
英語と日本語の入り混じった初期のリリックからK DUB SHINEが日本語の韻踏みを確立して、だいたいその次くらいに出てきた人たち。
 
ラッパ我リヤと同世代で言えば、餓鬼レンジャーとかもそうかな?
ICE BAHNやNORIKIYOはもう少しあとか?
KEN THE 390やサイプレス上野もここに入る感じ?
ああ、鬼もいいよね。
みたいな。
 
どちらにしても、はっきりと日本語が聞き取れるというのは僕の中ではかなり大事な要素です。
最近のラッパーはめちゃくちゃうまいんだけど、巻き舌と早口が入り混じり過ぎてて何言っとるかわかれへんw みたいなのもあって。
 
↓これとか最高でした。

一網打尽 REMIX feat. NORIKIYO, SHINGO★西成, 漢
カテゴリ: ヒップホップ/ラップ

 
ついでに言うと、近ごろKEN THE 390が高橋一生にしか見えないのは僕だけでしょうか。
 

入場で使われたらテンション爆上がり曲:第2位


「晴れの日に雨傘さす奴には御用心」
 
第2位です。
2009年に発売された「アニメ銀魂 オリジナル・サウンドトラック3」に収録されている曲で、作中では傭兵部隊夜兎族のBGMに使用されています。

晴れの日に雨傘さす奴には御用心
カテゴリ: アニメ

 
第5~3位までHIPHOPが続きましたが、いきなりここでアニメのBGMです。
 
いやまあ……。
HIPHOPばかりで飽きてきたのもあるのですが、それ以上に僕がこの曲を大好きでしてww
 
以前にもちょろっと申し上げましたが、僕はマンガ「銀魂」の超ライトなファンです。
原作もアニメもフワッとながめる程度で、ストーリーは把握しているけど、登場人物や細かい設定についてはお手上げ。小栗旬主演の実写映画もそれなりに楽しんだけど、あれこれ批評するほどの思い入れもない。
 
すべてが中途半端なクソニワカww でございます。
 
「実写版「銀魂」感想。MVPは神楽で文句ないよな? 新八もがんばった。実は意外にハマり役だったのが…」
 
ただ、この「晴れの日に雨傘さす奴には御用心」だけは別。
 
最初に耳にしたのが「吉原炎上篇」でのボス戦だったと思いますが、「何だコレ? めちゃくちゃカッコいいじゃねえか」と。
大急ぎでネットサーフィンして曲名にたどり着き、収録アルバムを購入したという流れでございます。

 
だって!!
どう考えてもカッコいいでしょこれ。
「中二病全開の痛いヤツ」と言われるかもしれませんが、違うから。入場曲なんてカッコつけてナンボだから。
 
恐らくですが、今回紹介する中で実際に使われたら一番テンションが上がるのがこの曲じゃないかなー? とひそかに思っておりますww
 
「だったら1位にせえよ」という話ですが、それとこれとは別なのです(何が?)。
 
「チケット手売り、ノルマシステムがエグいくらいによくできてると思った件。こんなにいいシステムがなくなるわけがない」
 

入場で使われたらテンション爆上がり曲:第1位

「天気晴朗 feat. KENTY GROSS, BES」
 
第1位はこの曲。
2012年発売のRED SPIDER「天気晴朗」。KENTY GROSSとBESが参加しております。

天気晴朗 feat. KENTY GROSS, BES
カテゴリ: レゲエ

 

 
ついにきました。
「入場で使われたらテンション爆上がり曲」、堂々の第1位はレゲエサウンドマンRED SPIDERによる2012年発売「天気晴朗 feat. KENTY GROSS, BES」です。
 
RED SPIDERは僕もかなり好きなアーティストで、いずれライブにも行きたいと思っています。いくつかライブの動画も観ましたが、あの自由奔放さはマジでたまらないww
 
中でもこの曲を聴いた際の衝撃度といったら……。
あまりのカッコよさに卒倒しそうになったというか、世の中にこんなヤツが存在している事実に謎の嫉妬を覚えたほど。
 
「“判定のカリスマ”山本美憂を見ろ。RIZIN発のスターは朝倉未来じゃなく山本美優だから。DQN一歩手前のスレスレ感が一番カッコいい」
 
レゲエについては成り立ちや歴史等、まったくの無知なので、もしかしたら「お前ごときが語るな」と怒られてしまうのかもしれません。
 
ただ、そんなことは知ったこっちゃない。
無知だろうがニワカw だろうが、いいもんはいい
 
 
え?
もし格闘技会場でこの曲が流れたら?
 
そりゃあなた。
ヤスティナ・ハバ姉さんのラムシュタインを超えるレベルで感動しますよ。
勝敗関係なく(関係ある)、今後もその選手をずっと応援させていただきますよ。
 
RED SPIDERサイコーですww
 

 

 

 





自費出版 ブログランキングへ

【個人出版支援のFrentopia オンライン書店】送料無料で絶賛営業中!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

サイト内検索

最近の記事
カテゴリー
タグ一覧
Amazon e託 DIY HP作成 MLB NPB PDF販売 Trados 2014 Word お知らせ サッカー スポーツ観戦 テニス観戦 ドラマ バスケットボール ボクシング観戦 ラグビー 仕事 会社 使い方 個人事業主 個人出版 個人出版支援 出版 口座開設 執筆 屋号 新生活 日常 映画 更新 書籍 格闘技 梱包 生活 編集 翻訳 自費出版 野球 開業 開業準備 集客 雑記 雑談 電子書籍
カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Amazonでも販売中です!!


上へ